ジブリ『風立ちぬ』、第71回ゴールデン・グローブ賞にノミネート決定!

最新ニュース

『風立ちぬ』 -(C) 2013 二馬力・GNDHDDTK
  • 『風立ちぬ』 -(C) 2013 二馬力・GNDHDDTK
  • 『風立ちぬ』 -(C) 2013 二馬力・GNDHDDTK
  • 『風立ちぬ』 -(C) 2013 二馬力・GNDHDDTK
  • 『風立ちぬ』 -(C) 2013 二馬力・GNDHDDTK
今年7月の封切りから連日の如く、世を賑わせ注目を集めてきたスタジオジブリの宮崎駿の長編劇映画引退作品『風立ちぬ』。アカデミー賞に向けた賞レースがにわかに盛り上がりを見せる中、12月12日(日本時間)夜、アカデミー賞を占う最大の前哨戦ゴールデン・グローブ賞(第71回)にてノミネートが発表され、本作が外国語映画賞 ノミネーション作品として選出されたことが明らかとなった。

本作は、宮崎駿監督が初めて自作で「泣いてしまった」という、大人のラブストーリーを描いたもの。第二次世界大戦時に零戦の設計者として活躍した堀越二郎をモデルに、作家・堀辰夫の小説「風立ちぬ」をリンクさせ、主人公とヒロイン・菜穂子との恋、そして恋から愛へと成熟していく夫婦の絆を描く。

ここまでの賞レースの結果を見てみると、“アカデミー賞前哨戦”と目されているボストン批評家協会、ナショナル・ボード・オブ・レビュー、ニューヨーク映画批評家協会の3つで「最優秀アニメーション賞」を受賞。

さらに、ノミネートがすでに発表されている映画賞を見てみても、“アニメ界のアカデミー賞”と称されるアニー賞では「最優秀アニメーション賞」に、さらに宮崎駿が「脚本賞」の候補としても挙げられている。

2014年2月に行われるアカデミー賞では、日本からは本作と同様のアニメーション劇映画の『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』、『ももへの手紙』と共に「長編アニメーション部門」にエントリーされており、この後正式な“ノミネート”を経て、ようやくオスカー像を手にすることができる。

今回のゴールデン・グローブ賞でのノミネートで、オスカー像への道がこれでさらに一歩前進したと言っていいはず。本日、スタジオジブリの次回作『思い出のマーニー』を新鋭・米林宏昌監督が手がけることが発表され盛り上がりを見せているスタジオジブリ。“風は立って”いそうだ。

『風立ちぬ』は全国にて公開中。

「ゴールデン・グローブ賞」結果発表&授賞式は、2014年1月13日(月・祝)に行われる。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top