「日本一働きたい会社」を目指す食品スーパー「ハローデイ」に迫る『カンブリア宮殿』

最新ニュース


12月19日(木)の『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)は、安売りに頼らずにおよそ20年増収増益! パート従業員がユニークなディスプレイと品ぞろえを競い合い、「日本一働きたい会社」を目指す福岡のスーパーに迫る。

福岡県にある、一見普通のスーパーマーケット。しかし店内に入ると、そこには驚きの光景があった。天井には巨大なクジラの模型が泳ぎ、あちこちにぬいぐるみが飾られている。福岡県を中心に約50店舗を展開する食品スーパー「ハローデイ」だ。スーパー業界が売り上げの減少に苦しむ中、20年近く増収増益を続けてきた。価格競争とは一線を画し、安売りには頼らない。それでなぜ売り上げが伸びるのか? その背景には「従業員が楽しく働くことで良い店をつくる」というハローデイ独自の風土があった。加治敬通社長が目指すのは「日本一働きたい会社」。そのユニークな経営の全貌に迫る。

■『カンブリア宮殿』
2013年12月19日(木)22:00~22:54(テレビ東京系)

【ゲスト】ハローデイ社長・加治敬通氏
【メインインタビュアー】村上龍
【サブインタビュアー】小池栄子


《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top