「嵐」相葉雅紀、単独初主演作に「運命を感じる」…共演に後輩・生田斗真&榮倉奈々

最新ニュース

榮倉奈々&ハン・ヒョジュ/『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』 -(C)2014中村航・小学館/『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会
  • 榮倉奈々&ハン・ヒョジュ/『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』 -(C)2014中村航・小学館/『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会
  • (C)2014中村航・小学館/『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会
「嵐」のメンバーとして歌にTVに舞台にと引っ張りだこの相葉雅紀。TVドラマ「マイガール」や「ラストホープ」で主演を務めたが、このほど“映画”単独初主演となる『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』の製作が決定した。

漫画家を目指す優しすぎて、ちょっとヘタレな書店員・光は謎のビラ「デビクロ通信」を夜な夜な街へばら撒いていた。いつも近くで光を見守っている幼馴染の杏奈、世界的な照明デザイナーで光と偶然知り合ったソヨン、そして超売れっ子の漫画家で光の大学の同級生である北山…男女4人が抱えた恋が動き出す、切ない恋模様が展開する本作。

原作は山下達郎の名曲「クリスマス・イブ」を題材に、中村航が書き上げた小説で夢と感動で胸が高鳴るラブストーリー。初の単独主演となる相葉さんのほか、榮倉奈々、ハン・ヒョジュ、生田斗真など若手実力派の面々が集結している。

山本光役の相葉さんは「クリスマス・イブは僕の誕生日でもあるので、この作品に携われることに運命を感じています! 僕がサンタクロースとなってみなさんに『MIRACLE』を届けます!」と力強くコメント。

幼馴染の高橋杏奈役の榮倉さんは「純愛映画でありつつも、アニメーションも交えるということで、私がいままで触れたことのないテイストの映画になりそうですが、犬童(一心)監督をとても信頼しています」と語り、「自分の想像を遥かに超えた未知なる作品になってほしいと願っていると同時に確信しています」とコメントを寄せている。

テ・ソヨン役のハンさんは「犬童監督の作品が好きだったので、ファンとしても、ご一緒できることになって、とても嬉しく思っています」と胸の内を明かす。北山一路役の生田さんは「実写の中にアニメーションパートが入ってくるということで、どういった作品になるのか、未だ想像がつきませんが、この映画の一部として、しっかりと役を勤めさせていただきます」とワクワクしている様子だ。

また本作品のメガホンを握る犬童監督は、来年のクリスマスを忘れられない日にする映画を目指そうと思う」とコメント。そして原作者である中村さんは「主人公の化身である“デビクロくん”はクリスマス・イヴに生まれたのですが、同じ誕生日の相葉さんに演じていただくということで、何やらミラクルの萌芽を感じています」と感慨深げだ。

“運命”や“奇跡”という言葉に弱い女子の心をくすぐる本作。そんな“MIRACLE”を感じられる作品になるだろうか? 相場さんと共演キャストたちのアンサンブルにも期待したい。

『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』2014年秋、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top