「海猿」佐藤秀峰が初の“SF漫画”に挑戦! 「ついついペンに力が入った」

最新ニュース

漫画『エンダーのゲーム』1コマ(ラフ)-(c) 2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 漫画『エンダーのゲーム』1コマ(ラフ)-(c) 2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 佐藤秀峰先生&漫画1コマ(ラフ)-(c) 2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 映画『エンダーのゲーム』-(C)2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 逢坂良太(エンダー役)『エンダーのゲーム』-(c) 2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 佐藤聡美(ペトラ役)『エンダーのゲーム』-(c) 2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 白石涼子(ヴァレンタイン役)『エンダーのゲーム』-(c) 2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 小説「エンダーのゲーム」カバービジュアル-(C) 2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
SF賞の権威「ネビュラ賞」、「ヒューゴ賞」のダブル受賞を果たし、ジャパン・カルチャーに多くの影響をもたらした伝説的小説を映画化した『エンダーのゲーム』。そんな本作が、「ブラックジャックによろしく」「海猿」の人気漫画家・佐藤秀峰のペンにより漫画化されることが決定し、印象的なシーンのネームが初公開された。

禁断の“サード(第三子)”として生を受けた、エンダー・ウィッギン。“エンダー(終わらせる者)”という名が示す通り、宇宙戦争を収束させ地球を滅亡から救う使命を背負っていた。人々の生命を奪う戦争に強い疑問を持つ彼は、1人苦悩しながらも、世界中から選抜された少年戦士たちと過酷な訓練を受けるうちに、驚異のスピードで少年戦士たちの指揮官となるが…。

佐藤先生といえば、「ブラックジャックによろしく」の二次利用フリー化や「漫画on Web」の立ち上げなど漫画界の常識を覆した先鋒だ。今回、映画『エンダーのゲーム』のプロモーションに際し、“映画からの漫画化”という珍しいオファーを受けたことに、「やったことのない面白い取り組みだし、意味があることだなぁと思いました」とコメント。

さらに自身初となる“SF”というジャンルに対しても、「避けてた訳じゃないんですが、いままで依頼が無かったので(笑)。『SF描けないんだね』って言われるのは嫌なので頑張ります(笑)!」と、異例のチャレンジに対する熱い思いを語った。漫画化されるのは映画の導入部分で、佐藤先生が実際に映画本編を観て感じた感覚を描いたものだ。

「映画『エンダーのゲーム』は映像も音も迫力があって面白いのはもちろんですが、僕はストーリーも魅力的でした。主人公の成長物語で手抜きなく描かれてます。僕は普通の人が努力して立派になるのが好きなので、エンダーには『凄いんだから悩まずに頑張りなさいよ!』とも思っちゃいますが(笑)」と、主人公の少年戦士・エンダーの葛藤と成長に強く惹かれていたようだ。

今回公開されたのは、“戦いたくない系主人公”エンダーが「ボクはやりたくてやったんじゃない!」と気持ちを爆発させるシーンのネームだ。このシーンも含め、書き下ろし漫画の全貌は、映画公開の1週間前となる来年1月11日から「漫画 on Web」で無料配信がスタートする。

佐藤先生は、「海保や医者でなく、初めて“宇宙”が題材で、いつも通り楽に描けばいいのですが、ついついペンに力が入って一生懸命描いてるので、楽しみにしていて下さい」と、完成を心待ちにする漫画ファン・SFファンにメッセージを送った。

佐藤先生により二次元の息吹を吹き込まれた漫画「エンダーのゲーム」によって、映画公開前からその世界にどっぷり浸かることができそうだ。

映画『エンダーのゲーム』は2014年1月18日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top