水嶋ヒロ「いま思うとバカだった」 “勝負作”『黒執事』固辞を反省

最新ニュース

水嶋ヒロ&剛力彩芽&優香&山本美月/『黒執事』ジャパンプレミア
  • 水嶋ヒロ&剛力彩芽&優香&山本美月/『黒執事』ジャパンプレミア
  • 剛力彩芽&山本美月/『黒執事』ジャパンプレミア
  • 水嶋ヒロ/『黒執事』ジャパンプレミア
  • 水嶋ヒロ&剛力彩芽/『黒執事』ジャパンプレミア
  • 水嶋ヒロ&剛力彩芽&優香&山本美月&丸山智己&大野拓朗&栗原類&伊武雅刀&大谷健太郎(監督)/『黒執事』ジャパンプレミア
  • 水嶋ヒロ/『黒執事』ジャパンプレミア
  • 剛力彩芽/『黒執事』ジャパンプレミア
  • 山本美月/『黒執事』ジャパンプレミア
俳優の水嶋ヒロが1月9日(木)、主演作『黒執事』のジャパンプレミアに出席。約3年ぶりの俳優復帰作だが、当初は本作への参加を固辞しており「いま思うとバカだった」と反省しきり。「間違いなく一番思い入れが強い作品。この勝負に勝ちたいです」と宣言した。

知識・教養・品位・料理・武術・容姿、すべてにおいてパーフェクトな完全無欠の“悪魔の執事”セバスチャン(水嶋さん)と、魂の契約を交わした少女・幻蜂汐璃。汐璃はある復讐のために、セバスチャンは彼女の魂を喰らうために、2人は女王から命じられた巨大な謎の解決に挑んでいく。枢やな氏の人気コミックをオリジナルストーリーで実写映画化した。

東京・渋谷公会堂で行われたジャパンプレミアには水嶋さんを始め、幻蜂汐璃を演じる剛力彩芽、優香、山本美月、丸山智己、大野拓朗、栗原類、伊武雅刀、大谷健太郎監督が集結! さらに来日中の英国人歌手ガブリエル・アプリンによる主題歌“Through the ages”の生披露もあり、観客2,000人のボルテージは早くも最高潮に。

水嶋さんは主演に留まらず、共同プロデューサーとして企画段階から参加しており「作品のために多くの時間を費やした。俳優として、そしてクリエーターとしてできる精一杯の努力を重ねたつもり。すでに映画をご覧になった方から、涙が出そうなほど嬉しい言葉もいただき、僕にとっては大切な作品」と感慨しきりだった。

一方、剛力さんは男装の令嬢という役どころで「初めての経験で、難しいこともたくさんあった」と述懐。それでも「水嶋さん演じるセバスチャンのおかげで、私も汐璃と向き合うことができた。現場でも水嶋さんは、先頭に立って、引っ張ってくださり、支えてくれた」と“座長”に対し最敬礼だった。

伊武さんからは「本当に面白い作品。これは絶対に続編ができる」と絶賛の声があがり、大谷監督も「ぶっちゃけ、続編が撮りたい」と早くも意欲満々。これには水嶋さんも大感激の様子で「今年の目標ですか? 僕にはこの映画をヒットさせることしかないです」と力強くアピールしていた。

『黒執事』は1月18日(土)新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top