小栗旬が死者と対話することができる刑事に!?金城一紀とタッグを組んだ新ドラマ『BORDER』が4月からスタート!

最新ニュース


小栗旬が、死者と対話する能力を身につけた刑事を演じる新ドラマ『BORDER』がテレビ朝日の木曜21時の枠で放送されることが明らかとなった。正義と法など様々な境界で命と向き合うヒューマンサスペンスとなっており、直木賞作家・金城一紀氏の原案&脚本でおくる新機軸の刑事ドラマが始動する。

この作品は、生死の境をさまよったことをきっかけに、「死者と対話することができる」という特殊能力を発現させた主人公の刑事・石川安吾(小栗)が、無念の死を遂げた人々の声に耳を傾け、生と死、正義と法、情と非情の「BORDER(境界線)」で揺れ動きながら事件に立ち向かっていく姿を、スリリングに描き出す。今回、金城氏が「石川というキャラクターは、小栗旬を念頭に創造したものである」というこの主人公を、小栗はどんなキャラクターに昇華させ、新たな刑事像を紡ぎ出していくのかも注目だ。

物語は、様々な事情で予期せぬ最期を迎えた死者たちが、石川にメッセージを託すことで、思いも寄らない方向へと突き進んでいく。そして、死者の声を聞いた石川は、時に刑事として許されざる領域にまで踏み込み、ギリギリの葛藤を繰り広げることになる。死者が荼毘に付されるまでのタイムリミット、石川を苦悩させる正義と法の境界、そして一筋縄ではいかない人間心理の交錯……。超自然的な要素を取り入れた一話完結型の刑事ドラマという側面を持ちながら、作品は観る者の心を揺さぶるヒューマンサスペンスとして展開していく。

今回、本作で主演を務める小栗は、最初に「金城さんから全話のプロットをいただき、それに準じて物語を進行させていく、と伺っています。これは今のドラマのシステムでは考えられないような有難いことですし、作品と役柄の設定自体もすごく面白いと感じたので、ぜひ参加したいと思いました」とコメント。そして、石川という役については、「僕のイメージに合わせて書いてくださったそうですが、僕自身も彼の出世欲と、それが死を一度経験した後に変化していく点には共感できます」と話すも、「石川は冒頭から頭を撃たれ、死者の姿が見えるようになるという、とんでもない状況に追い込まれてしまう。“こればかりは実際に演じてみないと分からないな”というのが、今の正直な気持ちです」と心境を明かし、そして、「第1話の石川同様、僕自身もまずは特殊能力を持ってしまった状況に戸惑い、疑い、そして揺れたいと思っています。と同時に、石川を演じ続けていくためには、彼が遭遇している信じがたい状況を“信じる力”が必要になってくるな、とも感じています」と分析し、最後には、「この作品を自分の新たな代表作にすべく、走り続けたいと思います!」と意気込みを語った。

そんな小栗は、「この作品は振り幅の大きいオリジナルストーリー」とも話しており、小栗×金城のタッグによって、どんなドラマとして仕上がってくるのか、4月からの放送が楽しみだ!

■『BORDER』
2014年4月から毎週木曜よる21時放送!


《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top