タワレコ初のバー&グリル・スタイルのカジュアル・ダイニングを恵比寿にオープン!

最新ニュース

左:「YAKI-TON」3P 1,400円。国産やまと豚を使ったスペアリブのグリル。右:2月12日恵比寿にオープンした「TOWER DINING恵比寿店」外観
  • 左:「YAKI-TON」3P 1,400円。国産やまと豚を使ったスペアリブのグリル。右:2月12日恵比寿にオープンした「TOWER DINING恵比寿店」外観
  • タワーレコードクラフトビール 各850円。ゴールデンエール「BEAT BEAT」、アンバーエール「FEEL GOOD」
  • 大型のバーカウンターやグループで楽しめるビッグテーブルを配置した1階は、アメリカのバーをイメージした。2階は、オープンキッチンでカジュアルな装いのダイニング・スペース。1F・2Fともにテラス席あり。
  • 左:300円メニュー「オレンジde キャロットラペ」、右:「TDスペシャル前菜の盛り合わせ」2人前 1,480円※人数にあわせて提供可能
  • 左:500円メニュー「ハーブ三軒豚スモークベーコンのグリル」、右:「チリコンカルネのフリンジ」980円
  • 「思い出のティラミス」680円
  • ビールと相性抜群の一押しメニュー、アメリカ南部の定番「TDバッファローチキンウィング」(3P 680円、5P 1080円、7P 1,380円)
タワーレコードが、初のバー&グリル・スタイルのカジュアル・ダイニング「TOWER DINING恵比寿店」を2月12日(水)に恵比寿にオープンした。

タワーレコードでは、渋谷店2Fに「TOWER RECORDS CAFE」が既にオープンしているが、CAFE同様に「TOWER DINING恵比寿店」でも、メニューやちょっとした小物などにタワーレコードや音楽に関するさまざまな仕掛けが施されている。また店内では、タワーレコードのスタッフがセレクトした旬のナンバーが流れ、仲間とワイワイ楽しみながら料理と旬の音楽を楽しめる一軒だ。

店内は、タワーレコード発祥の地、アメリカ西海岸を想定した大人の空間を演出。ビールやワインにぴったりのアメリカンスタイルの小皿料理は、一皿300円、500円のカテゴリーから選べ、リーズナブルでボリューミーな約60種類を揃える。メインは、スペアリブなどのお肉のグリル料理だが、そのほかにも女性同士でも気軽にオーダーできる前菜の盛り合わせなどのアペタイザーやサラダ、パスタ、ビザメニュー、そしてデザートも豊富にラインナップする。

中でも一押しメニューは、アメリカ南部の定番「TDバッファローチキンウィング」(3P 680円、5P 1080円、7P 1,380円)スパイシーさがたまらないビールにぴったりの一品だ。タワーレコードと、日本のクラフトビールの草分け「サンクトガーレン」とのコラボ・クラフトビール「BEAT」やカリフォルニアワイン、各種カクテルなどと楽しみたい。

営業時間は、ランチが11時半~15時、ティータイムは、15時~18時、ディナー 18時~24時となっている。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top