松本潤「緊張感あった」…上野樹里と語る『陽だまりの彼女』撮影秘話

最新ニュース

『陽だまりの彼女』コメンタリー収録(三木孝浩監督&上野樹里)
  • 『陽だまりの彼女』コメンタリー収録(三木孝浩監督&上野樹里)
  • 『陽だまりの彼女』コメンタリー収録(三木孝浩監督&上野樹里)
  • 『陽だまりの彼女』-(C) 2013『陽だまりの彼女』製作委員会
  • 『陽だまりの彼女』-(C) 2013『陽だまりの彼女』製作委員会
  • 上野樹里(ヒロイン・真緒役)/『陽だまりの彼女』 -(C) 2013『陽だまりの彼女』製作委員会
  • 葵わかな(中学生時代の渡来真緒役)&北村匠海(中学生時代の奥田浩介役)/『陽だまりの彼女』 -(C) 2013『陽だまりの彼女』製作委員会
  • 『陽だまりの彼女』-(C) 2013『陽だまりの彼女』製作委員会
  • 『陽だまりの彼女』-(C) 2013『陽だまりの彼女』製作委員会
累計発行部数100万部を突破、“女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1”と謳われる越谷オサムの同名小説を「嵐」の松本潤&上野樹里を迎え実写化された『陽だまりの彼女』が4月16日(水)にBlu-ray&DVDでリリースされる。これを受けて、「メモリアル・エディション」の特典映像として、松本潤×上野樹里×三木孝浩監督による撮り下ろしビジュアル・コメンタリーの収録が行われた。

新人営業マンの浩介(松本潤)は、仕事の取引相手として中学時代の幼なじみ・真緒(上野樹里)と偶然再会する。かつて“学年有数のバカ”と呼ばれていた冴えないイジメられっ子だった彼女は、当時とは見違えるほど魅力的な女性に変身していた。10年ぶりの運命的な再会。幼いころの純粋な想いを取り戻した2人は、恋に落ち、やがて結婚を決心する。しかし真緒は、誰にも知られてはいけない、“不思議な秘密”を抱えていた…。

先日行われた収録で久々の再会を果たした3人。松本さんは「コメンタリー映像を2時間以上ご覧になって頂くのは、退屈じゃないか心配(笑)」と話すと、上野さんが「途中でメイキング映像が入ってきたり、画期的な映像特典になるらしいですよ」と解説。

映画冒頭のシーンでは「このシーンが初日だった。これワンカット目だ!」と松本さんが明かし、「どんな気持ちだった? 緊張した?」と上野さんに聞かれると、「初日の緊張感はあったかな。さあどうする? みたいな」と、当時をふり返る。

また、上野さんのファーストシーンでは、三木監督から「樹里ちゃん、撮影に入る前に(役作りのために)痩せて来てたんだよね?」と聞かれると、上野さんは「ラストに向かって痩せていくつもりだったけど、上手く行かなかった」と恥ずかしそうに告白。しかし監督から「でも、すごく(真緒の)イメージで良かった」と評価を受け、安堵の表情を見せた。

その後も、浩介の中学生時代を演じた北村匠海には、松本と同じく唇の横にホクロを入れたことや、中学生時代の真緒を演じた葵わかなは、上野樹里と同じ美容院でヘアスタイルを作ってもらったことなど、数々の撮影秘話が明かされた。

撮影の裏話やネタバレもあるため、「映画本編を観てから、ビジュアル・コメンタリーを見て!」と楽しみ方を指南していた。

『陽だまりの彼女』Blu-ray&DVDは4月16日(水)より発売。

『陽だまりの彼女』リリース情報 Blu-ray メモリアル・エディション【初回限定生産3枚組】価格:7,700円(税抜) Blu-ray スタンダード・エディション価格:4,700円(税抜)DVD メモリアル・エディション【初回限定生産3枚組】価格:6,800円(税抜)DVD スタンダード・エディション価格:3,800円(税抜)発売元:アスミック・エース/販売元:東宝 (C) 2008 越谷オサム/新潮社 (C) 2013『陽だまりの彼女』製作委員会
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top