“パパ”市川正親、厳格な父親役で息子たちの姿に「目が真っ赤に!」

最新ニュース

市村正親&仲間由紀恵&横山幸汰&谷合純矢&杉田成道(原作・脚本)&西久保瑞穂(監督)/『ジョバンニの島』初日舞台挨拶
  • 市村正親&仲間由紀恵&横山幸汰&谷合純矢&杉田成道(原作・脚本)&西久保瑞穂(監督)/『ジョバンニの島』初日舞台挨拶
  • 仲間由紀恵/『ジョバンニの島』初日舞台挨拶
  • “パパ”市川正親、厳格な父親役で息子たちの姿に「目が真っ赤に!」
  • 市村正親&横山幸汰/『ジョバンニの島』初日舞台挨拶
  • 谷合純矢/『ジョバンニの島』初日舞台挨拶
  • 横山幸汰/『ジョバンニの島』初日舞台挨拶
  • 杉田成道(原作・脚本)/『ジョバンニの島』初日舞台挨拶
アニメーション映画『ジョバンニの島』が2月22日(土)に公開を迎え、声優を務めた市村正親、仲間由紀恵、横山幸汰に谷合純矢、原作・脚本を務めた杉田成道、西久保瑞穂監督が都内劇場で行われた舞台挨拶に登壇した。

戦争末期の北海道・色丹島へのソ連軍の侵攻の歴史を背景に、実話に基づき、故郷から引き離され、父親をシベリアへと送られた兄弟が諦めることなく生きる姿を描き出す。

兄弟の父親役を演じた市村さんは、実際にプライベートでも2児の父ということもあり、完成した作品を観て「どうしようもなく目が真っ赤になって、翌日の(舞台の)稽古が大変だった(苦笑)」と語る。

特に印象深いシーンとして「子どもたちが父親に会いに来るシーンはジーンと来ました」としみじみ。劇中の父親は厳しさを持って息子たちに接するが「僕は厳格じゃないので、そこは演技力でカバーしました(笑)」と語っていた。

仲間さんは島の学校の先生を演じたが、印象深いシーンとして挙げたのは学校のシーン。「ロシアの子ども隊も入ってきて、隣り同士で授業を受け、歌合戦になっていくシーンは微笑ましく、こどもたちは時代に流されずに純粋な好奇心だけで手を取り合って、仲良くするという姿に感動しました」と語る。

兄の純平役の横山くんは、弟・寛太が病気でトラックで運ばれるシーンについて「僕も妹がいるので、妹を寛太にに置き換えて演じました」と緊張気味にふり返る。寛太役の谷合くんは父親との再会シーンが好きと語り「悲しい思いもあったと思う。悲しい思いを持ってやりました!」としっかりとした口調で語った。

現在も北方領土問題で揺れる色丹島での取材は叶わなかったが、西久保監督は「当時の資料を当たり、(モデルとなった)得能宏さんに『うるさい』と思われるくらい(笑)、毎日のように話を伺った」と明かす。

杉田さんは、色丹島の元島民の人々が暮らす北海道根室市での上映の様子について報告。特に、仲間さんが演じた教師のモデルとなった女性が92歳で存命であることに触れ「映画を観終わったら握手してくださり、『感動しました。冥途の土産ができました』と仰っていました。『教室にソ連の兵隊が入ってくるところは全くそのままだった』と仰っていただきました」と嬉しそうに語った。

また、横山くんと谷合くんは、アフレコ収録で歌手の北島三郎とも共演を果たしており、北島さんの印象を尋ねられると「優しくてカッコよかったです!」と口をそろえていた。
『ジョバンニの島』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top