北村一輝が日本版「CSI」に挑む!新ドラマ『ホワイト・ラボ』放送決定

最新ニュース

TBS系で4月よりスタートする月曜ミステリーシアター『ホワイト・ラボ~警視庁特別科学捜査班~』で、俳優の北村一輝が主演を務めることがわかった。

本作は、警視庁捜査1課の中に設置された科捜研の知識と捜査1課の捜査権を持ち併せた新たな組織「ホワイト・ラボ」を舞台に、警察の各部署から集められた5人のメンバーが、物理学、化学、生物学、医学などの知識を利用した科学捜査によって事件の謎を解いていく、大ヒット海外ドラマ「CSI:科学捜査班」の日本版ともいえる本格科学捜査ドラマ。本先は完全オリジナル作品として、事件の捜査方法、機材などを専門のリサーチチームが取材し、最新のリアルな科学捜査を見せていく。

TBSの連続ドラマ初主演となる北村が演じるのは、優れた科学捜査能力を持ち、独自のユニークな捜査方法で難解な事件を解決する捜査官・一ノ瀬聡士。一ノ瀬と共にホワイト・ラボの中心メンバーとなるのは、谷原章介が演じる「人間嘘発見器」の異名をとる本田真幸、宮迫博之が演じる元科捜研のエース・奥貫徹だ。谷原、宮迫とは元々付き合いがあるという北村は、「キャストたちの突出した個性と能力が奏でる不協和音。そこから生まれるパワーが、このドラマの魅力になると思います。気心が知れている2人と、アイデアを出し合いながら作っていきたいです」とコメント。また、谷原は「個性の違う男3人が力を合わせて事件を解決する様子と、濃いキャラクターたちが見物。本田は口が悪い点が面白みなので、今まで持たれているイメージを覆すことができる役だと思います」と、宮迫は「お二人と共演させて頂くのは久しぶりなので、ワクワクしています」と、それぞれ共演を楽しみにしている様子。性格も得意分野も違うカッコいい“科学オタク”の3人が、互いに協力し合い、尊重し合い、事件を解決に導いていく。

そして、若きエリート分析官・山根武彦を演じるのはHey!Say!JUMPの薮宏太。5年ぶりの連続ドラマ出演となる藪は、「科学を軸にした捜査が描かれる中、目まぐるしく変わっていく展開が魅力的。今、大学の人間科学部で人間に関わる科学を学習しているので、少しでもドラマのお役に立てれば」と意気込んだ。さらに、ノンキャリアの叩き上げ刑事で、ホワイト・ラボの主任である神山恵子は和久井映見が演じる。北村、宮迫、藪とは初共演だという和久井は、「個性豊かな登場人物が、事件の解決と共にどんな化学反応を起こしていくのか、是非ご覧いただきたいです」とコメントを寄せた。

■月曜ミステリーシアター『ホワイト・ラボ~警視庁特別科学捜査班~』
2014年4月14日(月)スタート
毎週月曜20:00~20:54(TBS系)

【出演】北村一輝、宮迫博之、薮宏太(Hey!Say!JUMP)/谷原章介/和久井映見 ほか
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top