『愛の渦』ヒロイン・門脇麦、三浦大輔監督と出会った瞬間「愛の渦が始まっていた」

最新ニュース

池松壮亮&門脇麦&新井浩文/『愛の渦』初日舞台挨拶
  • 池松壮亮&門脇麦&新井浩文/『愛の渦』初日舞台挨拶
  • 池松壮亮&門脇麦&新井浩文&中村映里子&三津谷葉子&駒木根隆介&赤澤ムック&柄本時生&信江勇&三浦大輔(監督)/『愛の渦』初日舞台挨拶
  • 門脇麦/『愛の渦』初日舞台挨拶
  • 池松壮亮/『愛の渦』初日舞台挨拶
  • 三浦大輔(監督)/『愛の渦』初日舞台挨拶
  • 新井浩文/『愛の渦』初日舞台挨拶
  • 中村映里子&三津谷葉子/『愛の渦』初日舞台挨拶
  • 駒木根隆介&信江勇/『愛の渦』初日舞台挨拶
乱交パーティでの一晩を描く『愛の渦』(三浦大輔監督)に主演する門脇麦が3月1日(土)、東京・テアトル新宿で行われた本作の初日舞台挨拶に登壇し、「三浦監督にお会いした瞬間から、“愛の渦”は始まっていた。私にとっては大きな存在であり続ける」と語った。

本作で“誰よりも性欲の強い女子大生”という難役に挑み、大胆な濡れ場に臨んだ門脇さんだが、「台本を読んだときは『脱ぐぞ!』って気合いが入るというより、三浦さんってどんな人なのかなと興味が沸き、直感的に一緒にお仕事してみたいと思った」とコメント。撮影に入ると、「監督が必死に戦っている姿を見ると、現場も『一緒に頑張ろう』と一丸になれた」とふり返っていた。

第50回岸田國士戯曲賞受賞の「ポツドール」代表作を三浦氏自身が脚本を書き下ろし、監督を務めて映画化。フリーター、女子大生、サラリーマン、OL、保育士らごく普通の人々がマンションの一室に集まり、夜な夜な繰り広げる乱交パーティに明け暮れる姿を通し、性欲やそれに振り回される人間の切なさ、滑稽さをあぶり出す。

舞台挨拶には門脇さんと三浦監督に加えて、池松壮亮、新井浩文、中村映里子、三津谷葉子、駒木根隆介、赤澤ムック、柄本時生、信江勇が勢ぞろい。池松さんは「ぜひ笑って帰ってください」と客席にアピール。この日は立ち見も出る盛況ぶりで、新井さんは「座っている男性も“立ち見”になるかも」と大人なジョークで、場内を温めた。

三浦監督は「この作品はエロでもグロでもありません! みなさんの中にある“スケベ心”を直球勝負で描いたエンターテインメントです」と自信たっぷり。初日に駆けつけた女性客に「ためらい、勇気が必要だったはず」と感謝を伝え、「もしこの映画がブームになってくれたら、面白いなあ」と期待を寄せていた。

『愛の渦』はテアトル新宿ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top