やまもとまさみ決勝で全ポイント獲得!『R-1ぐらんぷり2014』優勝コメント

最新ニュース

とにかく面白い“ひとり芸人日本一”を決める大会『R-1ぐらんぷり2014』の決勝戦が4日、フジテレビで開催され、最終決戦で全得点を獲得したやまもとまさみが優勝。優勝決定直後に記者会見が行われ喜びの言葉を語った。

決勝に出場したのはネタ披露順に、A組のレイザーラモンRG、ヒューマン中村、TAIGA、スギちゃん、B組の小森園ひろし、ミヤシタガク、やまもとまさみ、中山女子短期大学、C組のバイク川崎バイク、馬と魚、おぐ、じゅんいちダビッドソンの12名。3つのブロックに別れ、各ブロックの勝者3名によって最終決戦が行われた。7人の審査員とお茶の間人気投票(審査員1人分に相当)がそれぞれ持ち点3で評価、総合得点によって勝者を決める。優勝者には賞金500万円と副賞として全国ネットの特別番組が贈られる。

決勝A組は、トップバッターとして登場したレイザーラモンRGが記者会見での予告通りスティーブ・ジョブズネタを披露し11ポイントを獲得。B組はやまもとまさみが警察官の取り調べネタを披露し15ポイント、C組からは馬と魚が、アーティストがこのテーマを歌ったらという歌ネタで14ポイントを獲得し、それぞれが最終決戦へ。

最終決戦は、審査員と視聴者が一番面白かった1人を選び、一番表を集めた者がチャンピオンとなる。レイザーラモンRGがジョブズネタの海苔バージョンを披露し、やまもとまさみちは飲食店の店長ネタ、馬と魚は、雨上がり決死隊の宮迫と仲が良かったらをテーマにした歌ネタを披露した。その結果、やまもとまさみが、審査員とお茶の間の全8ポイントを獲得し優勝を果たした。優勝決定直後に記者会見が行われ、安堵のためか力が抜けた様子で集まった取材陣の質問に答えた。

<やまもとまさみコメント>

――優勝した今の気持ちは?

決勝は準決勝で面白かった方ばかりだったので、今日まで寝不足で嗚咽が続いた。やっと嗚咽が無くなると思うと嬉しいです。

――最終決戦では、お茶の間も含めて審査員全員がやまもとさんを選びました。

ただただ、本当に驚いたのと同時に嬉しかったですね。

――優勝が決まったその瞬間に思ったことは?

バイトの心配をしなくて良くなったことですね。「R-1」のために、バイトのスケジュールを全部白紙にしていたんですよ。今月のアルバイトを(大会まで)白紙にしていたので、4月分の給料が結構気になっていました。とりあえず3月はOKと思いました。

――どのようなバイトをされているのですか?

3つ掛け持ちしていて、実演販売みたいなものと、大工、司会ですね。全国の量販店で家電製品を売っていました。本当は8日と9日もそのバイトが入っていたのですが、断ろうかなって(笑) アルバイトがなくなると収入がゼロになるので、家族を養うだけの給料は計算して入れていたのですが、その心配がとりあえずなくなりました。

――ちなみに、バイト代は月いくらくらいだったのでしょうか?

バイト3つをやって月40~50万くらいですね。1日でも空くと震えが止まらなくなるので、休みなしでどれかを必ず入れていました。もう1つバイトを増やそうと思っていたので良かったです。

――家族には連絡しましたか?

まだメールも電話もしていないです。奥さんもバイト代のことを心配していたので、とりあえず3月は大丈夫だよって胸を張って言いたいです(笑)

――優勝賞金500万円は何に使いたい?

細かいことなんですが、先輩とかからタクシー代とか貰ったりすると、おつりは渡さないで貯めていたので、それをお返ししようと思います。

――副賞の特別番組はどんなことをしたい?

ずっとコントをやってきたので、コント番組をやりたいですね。まったく構想はないですが……。ロケとかも夢なので行きたいですね。

――東MAXさんからネクタイなどをいただいて大会に挑んだとか?

このネクタイと蝶ネクタイ、靴下は東さんからいただきました。ハマカーンさんが「THE MANZAI」で優勝したときに、決勝の前に焼き鳥をおごって貰って、キングのイスというのに座らせてもらったらしいんです。それで、東さんにハマカーンさんと同じ店に行って、キングのイスに座らせてくださいってお願いしたんですよ。そうしたら、コントだってことで蝶ネクタイなどいただいて。本当にキングのイスに座らせてもらって良かったです。


――賞金で奥さんに何かプレゼントしたい?

新婚旅行に連れて行ってあげられていないので、南の島に行きたいです。

――「R-1ぐらんぷり」という大きな目標を達成しました。これからどういうことをやりたいですか?

一人芝居をやってみたい。4分とか5分のコントをメインに作ってきたので、30~40分のオムニバスのライブを良い小屋を借りてやりたいですね。

関連リンク
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top