アーノルド・シュワルツェネッガー、『ターミネーター』最新作に期待

最新ニュース

アーノルド・シュワルツェネッガー-(C) Getty Images
  • アーノルド・シュワルツェネッガー-(C) Getty Images
  • アーノルド・シュワルツェネッガー
  • アーノルド・シュワルツェネッガー-(C) Getty Images
アーノルド・シュワルツェネッガーは『Terminator: Genesis』(原題)に取り掛かることを「とても楽しみにしている」そうだ。カリフォルニア州知事を務めていた2003年から2011年の間、同シリーズからの降板を余儀なくされていたアーノルドは、1984年の『ターミネーター』で自らが初めて演じた役に最新作で復帰することに感激しているという。

アーノルドは「新作を楽しみにしているよ。だってご存じの通り、前回『ターミネーター』を作ったときは僕は州知事だったから、その映画には出れなかったんだ。だけど今回からは復帰することになって、製作側も僕がこの作品に登場することを喜んでくれているよ」「この脚本は素晴らしいから、本当にこの映画を楽しみにしてるんだ」と説明している。

そんなシュワルツェネッガーは、4月から全米各地で行われる撮影に備えて準備しているところのようだ。ウェブサイトの「TheArnoldFans.com」によると、コロンバスで行われたアーノルド・スポーツ・フェスティバルで、シュワルツェネッガーは「僕らは4月中旬か下旬に撮影を開始する予定で、4か月から4か月半の撮影期間が予定されているよ。ニューオーリンズで撮影することになるんだけど、一部はサンフランシスコ、さらに少しだけロサンゼルスも入ってくるかもしれないね。でも大半はニューオーリンズになるよ」と話したという。

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』のアラン・テイラーが監督を務める『Terminator: Genesis』は来年7月の公開を目指している。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top