オバマ大統領、『ハングオーバー』シリーズを批判

最新ニュース

バラク・オバマ米大統領-(C) Getty Images
  • バラク・オバマ米大統領-(C) Getty Images
  • ザック・ガリフィアナキス
  • バラク・オバマ米大統領-(C) Getty Images
バラク・オバマ米大統領が、ザック・ガリフィアナキスとのインタビューの際に『ハングオーバー!!! 最後の反省会』をバカにした。オバマ大統領はザックが司会を務めるパロディのチャットショー「ビトウィーン・トゥ・ファーンズ」に出演した際、『ハングオーバー』シリーズでアラン・ガーナー役を演じたザックを相手にユーモアを見せ、ザックの演技力も批判した。

ザックがオバマ大統領に「最後の黒人大統領でいるっていうのはどんな気分ですか? ちょっとうさんくさいですけどね、3期も務めちゃだめでしょ」と言うと、オバマ大統領は「いや、僕は良いアイデアだと思うんだよ。もし僕が3期目も務めたら、ある意味『ハングオーバー』の第3弾をやるみたいなもんじゃないか…でもあれはいまいち上手くいかなかったよね?」と返答した。

さらにオバマ大統領は「この番組は見たことがあるけど、エピソードによっては今回よりもうちょっといいときもあるって言っておかなきゃな。例えば、ブラッドリー・クーパーが出ていたときはすごく良かったね」「彼があの映画も支えてたんだろ?」と続けた。

ザックが座る姿勢を整えてから「どの映画のことを言っているんですか?」と質問すると、オバマ大統領は「あの『ハング―オーバー』シリーズだよ。つまりはブラッドリーが支えていたんだよね」と皮肉を放った。

オバマ大統領が同シリーズでザックと出演したブラッドリーのことを「かっこいい男」と表現すると、ザックは「アイツは恵まれているよ…ああいうヤツがハリウッドでやっていくのは簡単さ。背が低くて太ってて、ドリトスみたいな臭いがする人間ってのを考えてくださいよ、それでハリウッドで成功するってことをね」と反撃した。

さらにザックは大統領を「オタク」と呼んだが、大統領は笑って流していた。「ミシェルのような女性がオタクと結婚すると思うかい? 僕がオタクかどうか彼女に聞いてみたら?」またオバマ大統領は、北朝鮮への「大使のデニス・ロッドマン」について質問や「同性離婚」についての質問もされたようだ。

2週間前に収録されたこのインタビューは、「healthcare.gov」の宣伝となっており、11日(現地時間)にウェブサイトの「Funny or Die」に掲載された。このオンラインビデオには、これまでジャスティン・ビーバーやジェームズ・フランコなどのスターも出演している。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top