マイケル・ジャクソン、新曲は幼児虐待の疑いへの葛藤が題材

最新ニュース

マイケル・ジャクソン新作アルバム「エクスケイプ」
  • マイケル・ジャクソン新作アルバム「エクスケイプ」
  • マイケル・ジャクソン-(C) Getty Images
  • 故マイケル・ジャクソン -(C) Getty Images
  • マイケル・ジャクソン新作アルバム「エクスケイプ」
マイケル・ジャクソンのニューアルバムに収録される予定の新曲は、自分に向けられた幼児虐待の疑いから立ち直る際の葛藤を表現したものだそうだ。5月にリリース予定の新作アルバム「エクスケイプ」に収録される新曲8曲の1つである新曲「ドゥ・ユー・ノウ・ホエア・ユア・チルドレン・アー?」は、義理の父親に虐待され、しまいには売春婦として働くことになった12歳の少女の話が描かれている。

歌詞では「少女は自分を使う義父にうんざりだって書き綴った/少女を虐待しながら、義父が後で何か買ってあげると言うんだって」と歌われているうえ、「私を生き地獄から助けだして」というフレーズが繰り返し多用されている。同新曲は2005年にマイケルが少年に対する性犯罪で無罪判決を受けた後に書かれたとみられていて、マイケルの死後に発売される2作目となる同アルバムに収録される予定で、エピック・レコードのL.A.リード代表とプロデューサーのティンバランドがその制作にあたっている。

そんな中、マイケルが性犯罪で訴えられた際にマイケルを擁護する証言していたダンサーのウェイド・ロブソンが、 2013年にその証言を覆して性的虐待を受けていたと主張しており、6月にもその審問が執り行われる予定だ。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top