主演・深田恭子がコミュニティ・ソーシャルワーカーとなり声なき貧困に立ち向かう!新ドラマ『サイレント・プア』

最新ニュース

毎回「話題性のある主題と高品質のエンターテインメント」をテーマにしたドラマをお届けしているNHKの「ドラマ10」シリーズ。4月8日(火)から、深田恭子を主演に迎えたドラマ『サイレント・プア』がスタート。

“孤独”という現代の貧しさに立ち向かうヒロイン・里見涼が、東京下町を舞台に天職とも言える情熱で手を差し伸べ、人生を諦めかけた人たちが再び立ち直るきっかけを作って行く姿を描いた同ドラマ。深田は、社会福祉協議会でコミュニティ・ソーシャルワーカー(CSW)として飛び回る里見涼を演じる。共演には北村有起哉、桜庭ななみ、坂井真紀、市毛良枝、米倉斉加年らが脇を固める。

第1話「その手を離さない」のあらすじは……
里見涼(深田)は、社会から孤立した人々のSOSを見つけ出し、手を差し伸べようと、今日も町を駆け回るコミュニティー・ソーシャルワーカー。近隣から苦情のあったゴミ屋敷に対応するが、その主・江田房枝(香川京子)は、援助をかたくなに拒む。ゴミをため始めたきっかけに、帰ってこない息子の存在があると知った涼は、庭の思い出の栗の木に着目。房枝の心を開こうとするが、その胸のうちにはつらい記憶が隠されていた。

■ドラマ10『サイレント・プア』 
2014年4月8日スタート(NHK総合)
毎週火曜 22:00~22:48
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top