劇団ひとり、演技を自画自賛! 大泉洋&柴咲コウは「腹立った」「理想高い」と不満爆発

最新ニュース

マジックを披露する…劇団ひとり(監督)&大泉洋&柴咲コウ/『青天の霹靂』完成披露試写会
  • マジックを披露する…劇団ひとり(監督)&大泉洋&柴咲コウ/『青天の霹靂』完成披露試写会
  • マジックを披露する…劇団ひとり(監督)&大泉洋&柴咲コウ/『青天の霹靂』完成披露試写会
  • マジックを披露する…劇団ひとり(監督)&大泉洋&柴咲コウ/『青天の霹靂』完成披露試写会
  • 大泉洋/『青天の霹靂』完成披露試写会
  • 柴咲コウ/『青天の霹靂』完成披露試写会
自著「青天の霹靂」の映画化で監督デビューを飾った劇団ひとりが4月14日(月)、都内で行われた完成披露試写会に出席。俳優として出演もしており、「役者として素晴らしい」「もっと売れるべき」と演技を自画自賛! 一方、主演の大泉洋&共演の柴咲コウは…。

映画は天涯孤独で売れないマジシャンの晴夫(大泉さん)が、自分の生まれる前である40年前の浅草にタイムスリップし、若き日の両親(ひとりさん&柴咲さん)と出会い、自らの出生の秘密を知っていく。舞台挨拶では、ひとり“監督”が体当たりのマジックを披露する場面も。

初メガホンをとったひとり監督は「右も左も分からないド素人を、みなさんが全力でサポートしてくれた」と感謝の意。大泉さんに対しては「素晴らしいのは分かっていたが、期待以上だった」と賛辞を送り、柴咲さんには「表情がとても豊かな女優さん」とやはり絶賛コメントを捧げた。

舞台挨拶の冒頭こそ、「監督として過不足なく、とても合理的な人。役者にとっては、いい監督さん!」(大泉さん)、「無駄がなくて、感情の演出も素晴らしかった。人見知りなのは残念でしたが…」(柴咲さん)と、ひとり監督に好意的だった2人。

ところが、大泉さんが「撮影中、監督から『それが限界っすかね~』と言われて、腹立った」とひとりさんのモノマネを交えながら、監督ぶりをディスり始めると、柴咲さんも「女性に対する理想が高い!」と攻撃ならぬ“口劇”。出演者のまさかの不満爆発に、ひとり監督はタジタジだった。

それでも最後は「劇団ひとりという人の才能に驚かされた」(大泉さん)、「監督の人柄が表れた作品で、観終わった後は泣いちゃいました」(柴咲さん)と作品を大絶賛。ひとり監督も「最初で最後のつもりで、1分1秒こだわり抜いた」と自信を示した。

『青天の霹靂』は5月24日(土)より全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top