金爆が『スパイダーマン2』の魅力を破天荒に解説! 歌広場は「オネエ視点」で熱弁

最新ニュース

『アメイジング・スパイダーマン2』の応援隊長を務める、「ゴールデンボンバー」
  • 『アメイジング・スパイダーマン2』の応援隊長を務める、「ゴールデンボンバー」
  • 『アメイジング・スパイダーマン2』の応援隊長を務める、「ゴールデンボンバー」
  • 『アメイジング・スパイダーマン2』の応援隊長を務める、「ゴールデンボンバー」
  • 『アメイジング・スパイダーマン2』の応援隊長を務める、「ゴールデンボンバー」
  • 『アメイジング・スパイダーマン2』の応援隊長を務める、「ゴールデンボンバー」
  • 『アメイジング・スパイダーマン2』の応援隊長を務める、「ゴールデンボンバー」
  • 『アメイジング・スパイダーマン2』の応援隊長を務める、「ゴールデンボンバー」
映画『アメイジング・スパイダーマン2』の応援隊長を務める「ゴールデンボンバー」が4月20日(日)に都内で行われた試写会に登場し、4人のメンバーそれぞれが破天荒なトークで作品の魅力を語った。

本作ではエレクトロ、グリーン・ゴブリン、ライノが“スパイダーマン”の前に立ちはだかる。ゴールデンボンバーは応援隊長として2本の本作のTVCMに出演しており、特に「金爆、スパイダーマンを語る/敵」篇では特殊メイクで敵に扮している。

この日は鬼龍院翔、歌広場淳がスパイダーマンのコスチュームで、樽美酒研二はCMでも着用している「くも」と書かれた真っ白い全身タイツで登場。そして喜矢武豊は、CMでも使用されている、自らの手でダンボールで作り上げたというライノのコスチュームをすっぽりと被って台車に乗せられて登場し、会場を沸かせた。

メンバーがそれぞれ一言ずつ挨拶する中で、ダンボールのライノ姿の喜矢武さんにもマイクが向けられるが、喜矢武さんはダンボールのせいで声が聞こえないのか無言のまま。声以前に、微動だにしないライノを樽美酒さんが不審に思い、ダンボールのマスクを剥ぎ取ると中身はなんとマネキン! 同時に司会者用のテーブルの裏にイベント開始前から潜んでいた本物の喜矢武さんが不敵な笑みを浮かべて飛び出し、会場は驚きと歓声に包まれた。

改めて登場したスパイダーマンのコスチュームの喜矢武さんは「喜矢武豊こと、スパイダー喜矢武です!」とノリノリで挨拶。メンバーの中でも喜矢武さんは特に『スパイダーマン』好きとのことで「とにかく面白い! 『このクモ男は何だ?』と思った。これを見てから自分もクモに刺されたくて」と熱烈なスパイダーマン愛を語る。1週間をかけてダンボールで精巧なライノを作ったが、実際の映画を観て「オレの作ったのを使ったのかと思った。似てる(笑)!」と改めて自身が作ったライノのクオリティの高さを実感したよう。

一方で、全く違う視点で本作の魅力を語ったのが歌広場さん。「イケメン好き」を公言する歌広場さんだが、オズコープ社の御曹司のハリー役を演じ、ブレイク必至と言われるデイン・デハーンにメロメロのようで「イチオシのイケメンです! 彼がスパイダーマンに『お前の血がほしい』というところは妄想が広がりますね。スパイダーマンも白い液(※手から出すクモの糸)を飛ばすし(笑)、たまらない! オレから見たら『スパイダーマン』はそういう話です」と興奮気味にまくして、ほかのメンバーからは「ゲイ広場!」「オネエ視点」となどの声も。

樽美酒さんは一人だけ白タイツでメンバーからは「いつもとほとんど変わらない」などとツッコまれていたが、当人は「簡単に着こなしてるようでめんどくさい! 1枚だとパンツが透けてモッコリするので抑えるためにインナーを履いて、もう1枚全身タイツ着てる。一度着ると、オシッコ行くのもめんどくさい」と明かし、笑いを誘っていた。

『アメイジング・スパイダーマン2』は4月25日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top