ダニエル・ラドクリフ、デイン・デハーンと濃厚キスシーンも! 『キル・ユア・ダーリン』DVD化へ

最新ニュース

ダニエル・ラドクリフ&デイン・デハーン/『キル・ユア・ダーリン』(C)2013 KYD FILM LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • ダニエル・ラドクリフ&デイン・デハーン/『キル・ユア・ダーリン』(C)2013 KYD FILM LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • デイン・デハーン/『キル・ユア・ダーリン』(C)2013 KYD FILM LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • デイン・デハーン/『キル・ユア・ダーリン』(C)2013 KYD FILM LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • ダニエル・ラドクリフ&デイン・デハーン/『キル・ユア・ダーリン』(C)2013 KYD FILM LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • 『キル・ユア・ダーリン』(C)2013 KYD FILM LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • 『キル・ユア・ダーリン』(C)2013 KYD FILM LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • 『キル・ユア・ダーリン』(C)2013 KYD FILM LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • 『キル・ユア・ダーリン』 5月   2日(金)レンタル開始 (C)2013 KYD FILM LLC ALL RIGHTS RESERVED
『ハリー・ポッター』以降、そのイメージ脱却を図るべく、さまざまな役柄で挑戦をし続けるダニエル・ラドクリフと、25日(金)公開の『アメイジング・スパイダーマン2』で敵役に大抜擢されたデイン・デハーンが共演する問題作『キル・ユア・ダーリン』がDVD化されることになった。

1944年、コロンビア大学に合格したアレン・ギンズバーグ(ダニエル・ラドクリフ)。大学の正統過ぎる姿勢に不満を覚えたアレンは、ルシアン・カー(デイン・デハーン)、ウィリアム・S・バロウズ(ベン・フォスター)、ジャック・ケルアック(ジャック・ヒューストン)といった、従来の価値観に留まらない友人たちに引き寄せられていく。

中でもルシアンへの想いが、自身の詩の創作活動の原動力になっていくのを強く感じていたアレン。しかし、彼らの創造のための欲求と選択は、やがて重大な過ちを招くことになる…。

「吠える」のアレン・ギンズバーグ、「裸のランチ」のウィリアム・S・バロウズ、「路上/オン・ザ・ロード」のジャック・ケルアックと言えば、50年代のアメリカ文学界で“ビート・ジェネレーション”と呼ばれた代表格。当時の若者、特にヒッピーから熱狂的な支持を受けており、『オン・ザ・ロード』(’12)など映画化も後を絶たない、現在まで続くひとつの潮流となっている。そんな彼らの大学時代に実際に起きた、デヴィッド・カマラー殺人事件を基にした本作は、耽美な雰囲気たっぷりの学園サスペンスドラマ。

ダニエルは『ハリポタ』のイメージを脱却するかのごとく、髪を伸ばしてパーマをかけ、実在の詩人アレン・ギンズバーグを熱演。また、彼の憧れの対象であり、事件の被疑者となるルシアン・カーを、『クロニクル』で注目を浴び、その容姿と卓越した演技力から“次世代のディカプリオ”と呼ばれるデイン・デハーンが演じている。

デインは昨年、『クロニクル』や『欲望のバージニア』ほか5本の出演作が日本で立て続けに公開され、『アメイジング・スパイダーマン2』ではスパイダーマン(アンドリュー・ガーフィールド)の親友ハリー・オズボーンにして敵役となるグリーン・ゴブリンに抜擢されている超・注目株。

愛と友情、そして嫉妬うずまく学生生活の中では、2人の濃厚なキスシーンもあるとか! さらに2人はこの後、本作のジョン・クロキダス監督の新作『College Republicans』(原題)でも共演の話題が出ており、もしかしたら次世代の名コンビ俳優となるかもしれない。

『キル・ユア・ダーリン』は5月2日(金)よりTSUTAYAにてDVDレンタル開始、6月27日(金)より発売。

発売元:カルチュア・パブリッシャーズ
価格:3,800円(税抜価格)
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top