阿部寛、海外でも“濃い顔”に自信! 『テルマエ・ロマエII』台湾プレミア

最新ニュース

阿部寛&上戸彩/『テルマエ・ロマエII』台湾初日プレミア
  • 阿部寛&上戸彩/『テルマエ・ロマエII』台湾初日プレミア
  • 阿部寛&上戸彩/『テルマエ・ロマエII』台湾初日プレミア
  • 『テルマエ・ロマエII』ポスター -(C) 2014「テルマエ・ロマエII」製作委員会
  • 阿部寛&上戸彩/『テルマエ・ロマエII』 in 台湾
  • 『テルマエ・ロマエII』-(C) 2014「テルマエ・ロマエII」製作委員会
  • コロッセオで群衆に囲まれるルシウス(阿部寛)/『テルマエ・ロマエII』 -(C) 2014「テルマエ・ロマエII」製作委員会
阿部寛がその“濃い顔と肉体美”をもって古代ローマ人を演じる、人気シリーズの第2弾『テルマエ・ロマエII』。日本ではすでに封切られ大ヒットへ向けて好スタートを切った本作だが、5月1日(木)、台湾でも公開となり、阿部さんと共演する上戸彩が初日プレミアイベントに登壇した。

前作で、斬新なテルマエ(浴場)を作ったことで一躍人気者となった古代ローマの浴場設計技師・ルシウス(阿部寛)が、しかし、コロッセオにグラディエイターを癒すテルマエ建設を命じられ、またもアイディアに悩み、再び現代日本へタイムスリップ。“平たい顔族”の真実(上戸彩)と共にテルマエ建設に奮闘する姿を描く。

台湾では、前作『テルマエ・ロマエ』が2012年8月31日に、22館で公開。週末の興行収入ランキングで2週連続第1位を記録する大ヒット。そのヒットを受けて、『テルマエ・ロマエII』は、2014年5月1日より42館で公開と、劇場数が倍増。台湾での日本映画の公開規模としては最大級となった。

この日、台湾松山空港に到着した阿部は、空港に詰めかけたテレビ局にマスコミ、さらに熱狂的なファン総勢約100名の大歓声で迎えられた。2人はイベントの前に、台湾北部の温泉地・北投温泉を訪れ、“台湾最古の公衆浴場”と言われる「瀧乃湯」と、北投温泉の源泉・地熱谷を見学。

その後、台湾最大のイベント会場「VieShow信義」で初日プレミアイベントが行われ、2人は長さ50mのレッドカーペットを歩いた。この日の天候はあいにくの雨となったが、台湾には「遇水即発(水にあたるとよいことがある)」ということわざがあるそうで、風呂に雨と“水尽くし”のイベントとなった。

集まったファンは2,000人、香港や中国のマスコミ含むたマスコミの数は120社と、まさに「遇水即発」の効果はバツグン。中国語のタイトル『羅馬浴場II』の看板の前に登壇すると、場内のボルテージは最高潮に。

そんな中、「みなさん、こんにちは。阿部寛です。台湾、愛してます!」(阿部さん)、「みなさん、こんにちは。上戸彩です。みんな、愛してます!」(上戸さん)とそれぞれに中国語で挨拶した2人。

阿部さんの前回の訪台は12~13年前に映画の撮影だったそうで、「今回はこうやってみなさんに歓迎してもらえたことが嬉しいです。先ほどレッドカーペットを歩きましたが、雨の中、多くの方が集まってくださり、台湾の方が笑顔で迎えて下さって、すごく嬉しかったです。台湾のお客様のあたたかさに感動しました。前作に続き台湾のみなさんが『テルマエ・ロマエ』を愛して下さっていることを聞き、今回『II』を台湾で上映して下さることを感謝しています。僕らキャスト一同、外国の方に近づくように“濃い顔”を揃えて思いっきりやらせて頂きました。みなさん、楽しんでください」とユーモアたっぷりに語った。

一方の上戸さんは、「私は台湾が初めてですが、マッサージ、火鍋、かき氷を楽しみました」とのこと。さらに「今日はレッドカーペットを歩きましたが、日本でもこんな声援を受けることがなかなかないので、すごく嬉しかったです。落ち込んだときは今日を思い出して頑張りたいと思います。みなさんの応援で雨なんて忘れちゃいました。『I』が台湾で大ヒットして『2週連続1位』になったというニュースを日本で見て、とても嬉しかったのと台湾に行きたいと思ったことを思い出しました。みなさん、2時間爆笑してください!」。

その後、映画館「台北信義 VieShow」で計2回・400人の台湾の観客を前に舞台挨拶を行ったが、いずれも大盛況。このチケットは発売開始7分で売り切れたとのことだ。また日本では、4月30日まで(公開5日間)で興行収入10億円を突破しており、再び『テルマエ・ロマエ』がアジアを“沸かせ”そうだ。

『テルマエ・ロマエII』は全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top