サリー・フィールド、ウォーク・オブ・フェイム入りで感動のスピーチ

最新ニュース

サリー・フィールド-(C) Getty Images
  • サリー・フィールド-(C) Getty Images
  • サリー・フィールド&ジェーン・フォンダ-(C) Getty Images
  • サリー・フィールド-(C) Getty Images
『ノーマ・レイ』(79)でアカデミー賞主演女優賞に輝き、昨年『リンカーン』で同助演女優賞候補になったサリー・フィールドがハリウッドのウォーク・オブ・フェイム入りを果たした。

2,524番目のスターとして、ハリウッドの蝋人形館前に名前入りの星型プレートを設置されることとなったサリーを祝って、『ノーマ・レイ』の共演者、ボー・ブリッジズと長年の友人であるジェーン・フォンダも除幕イベントに出席した。

サリーは「そう、私はいまから50年前にこの旅を始めました。17歳でエージェントも持たず、映画俳優組合(SAG)会員でもありませんでした。そんな私が突然、テレビシリーズのスターになったのです」とスピーチ。「息の長いキャリアを築くには、自分の望むものを手に入れなければなりません。自分の容量を超えるくらい望まなければなりません。エゴや肩書きはすべて脇に置いて、どんなときであろうと仕事に向かわなければならないのです」と、これまでの道のりをふり返った。

「いままで働き続けて、ずいぶんたくさんの経験を積んだと思います。そして今、ここで言えるのは、この50年間、決して、ただの一度も自分の心を変えようと思ったことはないということです」。

強い信念が伝わるその言葉に、ジェーン・フォンダは涙を浮かべて聞き入っていた。
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top