綾瀬はるかが“流暢なフランス語”を披露!? パリ凱旋プレミア in ルーヴル美術館

最新ニュース

綾瀬はるか/『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』パリプレミア凱旋上映
  • 綾瀬はるか/『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』パリプレミア凱旋上映
  • 佐藤信介監督&綾瀬はるか/『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』パリプレミア凱旋上映
  • 『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』パリプレミア凱旋上映
  • 綾瀬はるか&佐藤信介監督/『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』パリプレミア凱旋上映
  • 綾瀬はるか&佐藤信介監督/『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』パリプレミア凱旋上映
  • 綾瀬はるか/『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』パリプレミア凱旋上映
  • 佐藤信介監督/『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』パリプレミア凱旋上映
  • 『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』パリプレミア凱旋上映
累計400万部を突破している超人気ミステリー「万能鑑定士Qの事件簿」シリーズを原作に、綾瀬はるか&松坂桃李をメインキャストに迎えて映画化した『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』

5月5日(現地時間)、映画の舞台・ロケ地となったルーヴル美術館にてパリプレミア凱旋上映を行い、主演の綾瀬さんと佐藤信介監督が登壇し、流暢なフランス語を披露した。

驚異的な鑑定眼とロジカルシンキング(論理的思考)をもつヒロイン・凜田莉子(綾瀬さん)と、彼女と共に事件の謎を追う雑誌編集者・小笠原(松坂さん)が難事件を解決していくさまを描く本作。

舞台挨拶の冒頭で、綾瀬さんはフランス語で長い挨拶を披露。

「(仏語)こんばんわ、私は綾瀬はるかです。今日は来てくれてありがとうございます。パリの街は冬のアンニュイな感じ、そしていまはキラキラしてて、色んな表情をした街並みは四季を楽しむ日本人の私の心にも響きます。モナリザの力も借りて、パリのみなさんの心にも響く映画になっていることを願っています。撮影にご協力頂きましたルーブル美術館、パリのみなさんに感謝します。本当にありがとうございました。楽しんで観て下さい」と語ると、場内は拍手と笑顔で暖かい雰囲気に。

ルーヴル美術館のオーディトリアムで行われた上映会では、約300名が鑑賞。エンドクレジットが流れると、場内の観客から拍手が沸き起こり、上映が終わるまで鳴り響いた。

鑑賞後の観客に、映画の感想を聞いてみると「綾瀬はるかと初音映莉子、2人の女優のライバル関係が素晴らしかった」「綾瀬はるかさんはフランスでもなかなかいない逸材の女優です」「魅力的な女優で、世界でも活躍するでしょう」と大絶賛! フランスでも好感触のようだ。

綾瀬さんはこれを受け「ルーヴル美術館で上映をして、フランスのみなさんに喜んでもらえたのはとても嬉しい。みなさんが良い映画、印象に残る映画と観終わった方々の感想が良かったのは自信になった。こんなに受けいれられるとは思ってなかったので本当に嬉しいです。改めてルーヴル美術館の外観みて撮影は貴重な経験だったんだと思ったし、また来たいなと思いました」と語った。

佐藤監督も「ルーヴル美術館で撮影して、ルーヴルの方にルーヴルで観てもらうのは、よく考えたらかなり緊張する状況だった。しかし、映画を観て『凄いドキドキして面白かった』と凄く喜んでらっしゃった。色々撮影に協力いただいて出来上がった作品を楽しんでもらえたのは最高の試写会だった」と感無量の様子だった。

『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』は5月31日(土)より全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top