【カンヌ国際映画祭】長澤まさみ、金城武と「共演できるとは思わなかった」

最新ニュース

長澤まさみ/第67回カンヌ国際映画祭-(C) Getty Images
  • 長澤まさみ/第67回カンヌ国際映画祭-(C) Getty Images
  • 『THE CROSSING』会見/第67回カンヌ国際映画祭
  • チャン・ツィイー/第67回カンヌ国際映画祭-(C) Getty Images
  • 長澤まさみ/第67回カンヌ国際映画祭-(C) Getty Images
5月17日(現地時間)、第67回カンヌ国際映画祭でジョン・ウー監督の最新作『THE CROSSING』(中国語題名:太平輪)のPR会見がマジェスティックホテルで開かれ、主演の金城武、長澤まさみ、チャン・ツィイー、韓国の女優ソン・ヘギョ、中国の俳優ホアン・シャオミン、トン・ダーウェイ、ワン・チェンユンらが出席した。

中国版『タイタニック』と呼ばれるこの作品は、1949年に上海から台湾へ向かう旅客船、太平輪号が沈没し、1,000人以上の犠牲者を出した海難事件をもとに、戦争で引き裂かれた3組の男女の過酷な運命を、日本、中国、韓国のスターを集めて描く超大作。

『男たちの挽歌』『レッドクリフ』など男くさいアクション映画で知られるウー監督は、2年前に咽頭がんを患い、本作が復帰作となる。「病気を知ったとき、私はいままでまだ完璧な映画を1本も撮っていない。このまま死んだらものすごく後悔すると思いました。幸い治療が成功し、この映画を撮ることを決意しました。私はロマンチックな人間なんです。アクションだけではなくラブストーリーも撮れるということをお見せしますよ」と本作に対する並々ならぬ意気込みを語った。

金城さんは、「ジョン・ウー監督は撮影中、1カット撮るごとに僕たち俳優陣にお礼を言うんです。監督ではなく、僕たちが監督に対してお礼を言わなくてはいけないのに」とウー監督への感謝の気持ちを語った。

金城さんの恋人役を演じる長澤さんは、海外の記者200人を前にやや緊張した様子ながら「ジョン・ウー監督は『君も家族の一員になったと思い、安心して映画に参加してくださいね』と言ってくださり、本当に太陽のような存在でした」と語った。さらに、「金城さんのことは子どもの頃から見ていたので、まさか共演できるとは思いませんでした」と語ると、金城さんは照れ笑い。さらにソン・ヘギョと、金城さんと同世代のワン・チュンユンまで「子どもの頃から金城さんを見ていました」と続けたため、会場は大きな笑いに包まれた。

本作は『レッドクリフ』同様に2部作、さらにジョン・ウー初の3D作品として撮影が現在も続いており、中国ではこの年末の目玉作品となっている。

第67回カンヌ国際映画祭は5月25日(現地時間)まで開催。
《photo / text:Ayako Ishizu》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top