ASKA逮捕で広がる波紋…『大竹まことの金曜オトナイト』は「薬物依存」を緊急特集!

最新ニュース

毎週金曜22時54分から放送の『大竹まことの金曜オトナイト』(BSジャパン)は、大竹まことを司会にむかえて、金曜の夜に政治から最新エンタメ、男女のあれこれまで様々なトピックをお届けするオトナのための情報バラエティ。5月23日(金)は、CHAGE and ASKAのASKA逮捕で今話題となっている「薬物依存」問題について「抜け出せない負のスパイラル」と題して緊急特集を送る。

日本の裁判所では薬物依存に陥った人に対するリハビリは強制できないが、更生をしようとする依存者へ、薬物を使わない生き方プログラムを提供する施設がある。今回取材した施設では、薬物依存者たちが規則正しい共同生活をすることによって、薬物依存からの回復を支援している。自由外出は禁止、恋愛禁止の規則のもと、1日1,500円を支給され、その中で食事をまかなっていく。買い物は計画的にみんなで出かけ、朝礼では一同が輪になり、自分の過去の話、抱えている問題等を暴露し合い、お互いの経験を分かち合っていく。番組では、実際に薬物依存に陥ってはしまったけれど、愛する家族のためにリハビリに励む彼らの生の声を取材。滅多に聞けない彼らの本音を探っていく。

番組の工藤里紗プロデューサーは「いわゆる覚醒剤以外にも、大麻、脱法ハーブと、若者の世界のみならず“普通の社会人”の世界に“普通”に広がりつつある現実がそこに。何故、手を出してしまうのか、そして、手を出すとどうなるのか? では、そうならない“システム”や“法制度”はどうなっているのか? などを考えるきっかけになればと取材した薬物依存のリハビリ施設。ちょうどその取材VTRの最終チェックを行っていた翌日にASKA容疑者のニュースが飛び込んできました」と、6月に予定していた放送を急きょ繰り上げた経緯について語り、「一度手を出すとやめられなくなり、心身を傷つけ、家族や愛する人との関係を壊し、刑罰を受け、全てを失い、精神的にも社会的にもどん底を経験し、それがまた使用するきっかけとなり……と繰り返される負のスパイラル。芸能ニュースとして騒ぐのではなく、何故そこに至ったか、また至るとどうなるか、再犯率が非常に高い薬物使用ではどうすれば社会復帰し心身を健全に取り戻せるのか? など、その前後にあるものをオトナイト流に考えたいと思います」と企画の意図を明かす。ゲストに、工藤プロデューサーが「何かに依存してしまう心理、そこに至る人間の弱さや性を理解している」という中村うさぎを迎えて送る。

■『大竹まことの金曜オトナイト』
2014年5月23日(金)22:54~23:24(BSジャパン)

【出演者】大竹まこと、山口もえ、碓井広義教授(上智大学)
【ゲスト】中村うさぎ
【進行】繁田美貴(テレビ東京アナウンサー)
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top