大泉洋&柴咲コウの泣き芸に、“本家”劇団ひとり怒り「泣き芸は僕のもの」

最新ニュース

“泣き芸”を披露する、大泉洋&柴咲コウ&劇団ひとり/『青天の霹靂』初日舞台挨拶
  • “泣き芸”を披露する、大泉洋&柴咲コウ&劇団ひとり/『青天の霹靂』初日舞台挨拶
  • 空中浮遊マジックで宙に浮く劇団ひとり、大喜びの大泉洋&柴咲コウ/『青天の霹靂』初日舞台挨拶
  • 大泉洋&劇団ひとり/『青天の霹靂』初日舞台挨拶
  • 大泉洋&柴咲コウ&劇団ひとり/『青天の霹靂』初日舞台挨拶
劇団ひとりの監督デビュー作『青天の霹靂』の初日舞台挨拶が5月24日(土)に行われ、ひとり監督と、主演の大泉洋と共演する柴咲コウが登壇。キャスト2人が“泣き芸”で挨拶すると、ひとり監督は「泣き芸は僕のものでしょ! 先にやるなんて最低」と怒っていた。

「ご存じの通りの“雨男”。それが今日は文字通りの“青天”で、『曇天の霹靂』にならず感激している…」(大泉さん)、「監督は演出も丁寧で、本当に初めてなのかなと思うほど。家族愛を描いた王道映画に参加することができて嬉しいです…」(柴咲さん)。そんな冒頭の挨拶で、2人はひとり監督のお株を奪う泣き芸を披露したのだ。

会場となった東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズが爆笑に包まれるなか、ピンチに立たされたひとり監督も負けじと「初日を迎えて嬉しい反面、もう作品に携わることもないのかと思うと…」と“本家”泣き芸で勝負に出たが、3番手とあって当然客席の反応はイマイチで「泣き芸はオレの十八番でしょ」とおかんむり。そんなひとり監督の肩に、大泉さんがそっと手を添えて励ましていた。

原作はひとり監督の同名自著。天涯孤独で売れないマジシャンの晴夫(大泉さん)が、自分の生まれる前である40年前の浅草にタイムスリップし、若き日の両親(ひとりさん&柴咲さん)と出会い、自らの出生の秘密を知っていく。

ひとり監督は「今まで本当に“ひとり”で作品づくりをしてきたので、今回の映画はみなさんの力を借りてやらせていただけた」と感謝の意。一方の大泉さんは「とても力があり、センスがいい作品で、清々しい涙があふれた。こういう才能を目の当たりにすると、自分でもやりたくなる」と監督業への意欲を見せた。

そんな2人について、柴咲さんは「相性が良くて、独特の空気があった。私はすっかり蚊帳の外でした」と思わずジェラシー? 監督業に意欲を見せた大泉さんに刺激されたのか、「私は助監督やります」と声を弾ませた。

この日はマジシャン親子の絆を描くストーリーにちなみ、本作のマジック総合監修を務めたマジシャン・魔耶一星によるマジックショーが披露され、ひとり監督が空中浮遊する場面も。大泉さん&柴咲さんが盛り上がるなか、ひとり監督は「自分では何がすごいのか分からないので、後でネットニュースを見ます」と目を白黒させていた。

『青天の霹靂』は全国東宝系にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top