真木よう子、「MOZU」新シーズンで西島秀俊が「脱いでる」宣言も本人は否定

最新ニュース

西島秀俊&真木よう子&池松壮亮&羽住紳一郎(監督)/「MOZU Season2~幻の翼~」完成披露試写会
  • 西島秀俊&真木よう子&池松壮亮&羽住紳一郎(監督)/「MOZU Season2~幻の翼~」完成披露試写会
  • 西島秀俊/「MOZU Season2~幻の翼~」完成披露試写会
  • 真木よう子/「MOZU Season2~幻の翼~」完成披露試写会
  • 池松壮亮/「MOZU Season2~幻の翼~」完成披露試写会
  • 西島秀俊&真木よう子&池松壮亮&羽住紳一郎(監督)/「MOZU Season2~幻の翼~」完成披露試写会
  • 西島秀俊/「MOZU Season2~幻の翼~」完成披露試写会
この春よりTBSで放送され話題を呼んだドラマ「MOZU」の新シリーズで、まもなくWOWOWにて放送が開始となる「MOZU Season2~幻の翼~」の完成披露試写会が6月20日(金)に都内で開催。西島秀俊、真木よう子、池松壮亮、羽住紳一郎監督が舞台挨拶に登壇した。

映像化不可能と言われてきた逢坂剛のハードボイルド小説「百舌」シリーズの実写版でTBSで放送された「MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜~」の新シーズン。「Seazon1」から半年後、妻の死の謎を追う公安のエース・倉木の前に新たな巨悪が…。前作で生まれた数々の謎の真相が明かされていく。

ファンの大歓声に迎えられた西島さんは、ファンの本作に対する深い愛情に何より感謝。「Season2」に臨むにあたっては「Season1では黒木は公安のエースであり優秀な警察官でしたが、2では公安の秘密をある程度知ってしまい、外に出すわけにもいかず、中にいても厄介者で居場所がない。飼い殺しにされる中での孤独で、よりやさぐれている感じを意識しました」と語る。

真木さんは「Season1」ではほとんど見せることのなかった柔らかい笑顔を「Season2」では見せる場面もあり、「やっと笑えて嬉しかったです」とふり返る。

撮影は8か月間と長期におよんだが、羽住監督が「撮影大好き人間が集まっていて楽しかった」と言えば、西島さんも「“撮影バカ”と“役者バカ”が集まっていて、8か月間、テンションが落ちることがなく、スタッフを見て引っ張られた。タフな人間しかいなかった」と充実の表情。

「Season1」での衝撃的な姿が話題を呼んだ池松さんは、撮影が終盤を迎えると「『あぁ、終わるのか…』という気持ちと、『早く終わってくれ』という気持ちの両方があった。長い戦いでしたので」としみじみ。

そんな中、現場でも数少ない女性キャストであった真木さんは「男祭りで(笑)、Season2からは蒼井優さんが出てますがほとんど絡みがなかったので、ひっそりとやってました(苦笑)」と語り笑いを誘っていた。

「Season2」の見どころに話が及ぶと、真木さんは「Season2はよりすごいスケールの映像になっていますし、西島さんもいっぱい脱いでいます!」とニヤリ。これに西島さんが慌てて「脱いでないよ! 適当なこと言わないで! 怒られるから(苦笑)」と否定。改めて西島さんは「アクションを含め、これまでTVで挑戦したことのないシーンがたくさんあります!」とアピールし、会場は期待を込めた温かい拍手に包まれた。

「MOZU Season2~幻の翼~」は6月22日(日)よりWOWOWにて放送開始(全5話/第1話は無料)。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top