高橋みなみ、渡辺麻友、横山由依が本音で語る今後のAKB48『ミュージャック』

最新ニュース

中島ヒロトとAKB48の高橋みなみがMCを務める関西テレビの音楽情報番組『ミュージャック』。7月11日(金)の放送は、Mujack特別編「TALK×TALK×TALK」と題して、高橋とAKB48選抜総選挙1位に輝いた渡辺麻友、チームKキャプテンの横山由依の3人で、今後のアイドル界やAKBについてなど、予測不能の本音トークを繰り広げる。

番組内で、渡辺は、「優子ちゃんがいなくなったAKB48を私たちが築きあげていかなくちゃいけない。このタイミングで私が1位になったので堂々と胸を張ってセンターとしていたいですし、グループもさらに良い方向にもっていけるように私が頑張っていきたい」と、AKB48のセンターとしての覚悟を語った。

また、横山は、「昔選抜に入れても、選抜にいてもいいのかなと思う時期があったけど、ファンの人の後押しが自信につながるので総選挙って何だろうと思うけどあってもいいのかなって思う」と、選抜総選挙への素直な思いを話した。さらに、高橋は「AKB48とはドラえもんのことである」という発言も。一体その真意とは? それぞれの素直な思いがたっぷりと詰まった30分に注目だ。

■『ミュージャック』
2914年7月11日(金)25:55~26:25(関西テレビ ※関西ローカル)
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top