「ONE PIECE」アニメ放送15周年作品ビジュアル解禁! 尾田栄一郎書き下ろし新敵キャラも

最新ニュース

「ワンピース“3D(×)2Y” エースの死を越えて! ルフィ仲間との誓い」-(C) 尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
  • 「ワンピース“3D(×)2Y” エースの死を越えて! ルフィ仲間との誓い」-(C) 尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
  • 「ワンピース“3D(×)2Y” エースの死を越えて! ルフィ仲間との誓い」-(C) 尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
日本のみならず世界中で人気を博している、尾田栄一郎の人気コミック「ONE PIECE」。コミックはもちろん、TVアニメ、映画とどれも爆発的なヒットを繰り出す本作から、いままで原作でも描かれなかった幻のエピソードが、アニメ放送15周年特別作品「ワンピース“3D(×)2Y” エースの死を越えて! ルフィ仲間との誓い」として8月に放送される。

このほど、そんな“誰も知らない”ルフィの2年間の壮絶な修行を描く本作のメインビジュアル&特報映像がついに解禁。トレードマークとも言える大事な麦わら帽を封印したルフィがお目見えとなった。

マリンフォードでの「頂上戦争」において、兄・エースを失ったルフィは、改めて仲間の大切さを実感。深い悲しみを乗り越え、冥王・レイリーと共に覇気を習得するため、天険の地・ルスカイナ島で2年間の厳しい修業に入っていた。そんな折り、ひとりの男の出現が世界を揺るがす。大監獄・インペルダウンのレベル6から脱獄した男バーンディ・ワールドが、かつての仲間を引き連れ、海軍の軍艦、有力海賊たちを次々と撃破していたのだ。

世界政府は早急に七武海を招集。しかしそれを知ったワールドは、逆に七武海を捕らえ、大いなる野望の実現のために囮として使うことを画策する。そのターゲットに選ばれたのは、ルフィたちとも縁の深いボア・ハンコックだった…。



今回解禁されたビジュアルは、「もう、誰も 失いたくねぇ」の言葉の横に、拳を握りしめるルフィの姿が。「仲間を守るため、俺はもっと強くなる」というその熱い思いが現れたものとなっている。また、“覇気”習得の秘密を表す師匠であり、ロジャー海賊団副船長であったレイリーと、初めて明かされる新たな冒険で共闘する海賊女帝・ハンコック、そして“頂上戦争”において失った兄・エースといった豪華人気キャラクター揃った。

さらに、今作のために尾田栄一郎が書き下ろした、ルフィの前に立ちふさがる最強のキャラクター、「モアモアの実」の能力者であるバーンディ・ワールドも一部描かれるなど、ファン必見のビジュアルとなっている。

バーンディ・ワールドの全容は後日明らかにされるとのこと。続報にさらなる注目が集まりそうだ。

「ワンピース“3D(×)2Y” エースの死を越えて! ルフィ仲間との誓い」は8月30日(土)21:00~23:10、フジテレビにて放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top