杏奈がマーニーを探す旅――「思い出のマーニー×種田陽平展」7月27日開幕

最新ニュース

種田陽平(美術監督)&高月彩良(杏奈役)&有村架純(マーニー役)&米林宏昌(監督)/思い出のマーニー×種田陽平展
  • 種田陽平(美術監督)&高月彩良(杏奈役)&有村架純(マーニー役)&米林宏昌(監督)/思い出のマーニー×種田陽平展
  • 種田陽平(美術監督)&高月彩良(杏奈役)&有村架純(マーニー役)&米林宏昌(監督)/思い出のマーニー×種田陽平展
  • 種田陽平(美術監督)&高月彩良(杏奈役)&有村架純(マーニー役)&米林宏昌(監督)/思い出のマーニー×種田陽平展
  • 種田陽平(美術監督)&高月彩良(杏奈役)&有村架純(マーニー役)&米林宏昌(監督)/思い出のマーニー×種田陽平展
ジブリ最新作『思い出のマーニー』の公開を記念して開催される「思い出のマーニー×種田陽平展」のプレス見学会が7月24日(木)、会場となる東京・墨田区の江戸東京博物館で行われた。本作の美術監督である種田陽平氏が、アニメの世界を実写セットで再現する。

世界屈指の美術監督としてグローバルに活躍する種田氏が、本作でアニメの美術監督に初めて挑んだ『思い出のマーニー』。物語の重要な舞台である“湿っ地屋敷”やその中にあるマーニーの部屋、キノコの森やマーニーの心の闇を象徴するサイロなどが、三次元で立ち上がった。

「コンセプトは杏奈がマーニーを探す旅。お客さんが『マーニーはどこにいるんだろう?』と思ってもらえる展示を目指した」と種田氏。展示物の製作には「数か月かかっている」と言い、「この場所で実写版『マーニー』が撮れる、というつもりで製作した。実写の映画でも、ここまで細かい作業はできないかも」と強いこだわりを明かした。

見学会には種田氏を始め、本作で“Wヒロイン”を演じた高月彩良(杏奈役)と有村架純(マーニー役)、米林宏昌監督が駆けつけ、一足先に展示を満喫し「とってもリアルで、鳥肌が立ちましたね」(高月さん)、「ジブリ作品の世界に入り込み、肌で体感した感覚。ワクワクしました」(有村さん)。

米林監督も「自分が描いた絵が、現実に存在する不思議な感覚です。ビックリしました」と種田氏と実写スタッフが生み出した、もうひとつのジブリ世界に感動していた。

映画はイギリスの作家ジョーン・ロビンソンによる同名児童文学を原作に、海辺に暮らす親せきに預けられることになった少女・杏奈と、海辺に佇む“湿っ地屋敷”に暮らす金髪の少女・マーニーがひと夏を過ごし、ある秘密を分かち合う姿が描かれる。

「思い出のマーニー×種田陽平展」は江戸東京博物館で7月27日から9月15日まで開催(8月4日、9月1日は休館)。

『思い出のマーニー』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top