注目の若手スターがファンと交流! 『トランスフォーマー』来日記者会見

最新ニュース

ニコラ・ペルツ&ジャック・レイナー/『トランスフォーマー/ロストエイジ』来日記者会見
  • ニコラ・ペルツ&ジャック・レイナー/『トランスフォーマー/ロストエイジ』来日記者会見
  • ニコラ・ペルツ&ジャック・レイナー/『トランスフォーマー/ロストエイジ』来日記者会見
  • ニコラ・ペルツ&ジャック・レイナー/『トランスフォーマー/ロストエイジ』来日記者会見
  • 『トランスフォーマー/ロストエイジ』来日記者会見
  • 『トランスフォーマー/ロストエイジ』来日記者会見
  • ニコラ・ペルツ&ジャック・レイナー/『トランスフォーマー/ロストエイジ』来日記者会見
  • ニコラ・ペルツ&ジャック・レイナー/『トランスフォーマー/ロストエイジ』来日記者会見
  • ニコラ・ペルツ&ジャック・レイナー/『トランスフォーマー/ロストエイジ』来日記者会見
米映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』の来日記者会見が7月29日(火)に都内で行われ、本作に出演する注目ニュースターのニコラ・ペルツ、ジャック・レイナーが出席。会見には報道陣に加えて、『トランスフォーマー』ファン100人が招待され、交流を楽しんだ。

ニコラの来日は、2010年7月の『エアベンダー』PR以来4年ぶり。ジャックの来日は今回が初となる。2人とも、世界最大のトレードショー「シネマコン2014」において、揃って“ライジング・スター賞2014”(CINEMACON RISING STARS OF 2014 AWARD)を受賞しており、熱い注目と期待を浴びる存在だ。

一躍スターダムに駆け上がった現状について、「私の生活そのものは、そんなに変わってないの。もちろん、撮影やプロモーションでいろんな国に行けるのは、新鮮な体験。ここ日本に来るのも、すごく楽しみにしていたのよ」と上機嫌なニコラ。アイルランドの新星であるジャックは、「今年は生誕30周年だもんね。生まれ故郷の日本に来ることができて、光栄だよ」と語っていた。

マイケル・ベイ監督&スティーブン・スピルバーグ製作総指揮のハリウッド超大作。自動車や飛行機から人型のロボットへ瞬時にトランスフォーム(変形)する金属生命体=トランスフォーマーの戦いを描く。

シリーズ第4弾となる本作で、キャストが一新され、人工トランスフォーマーの製造成功を機に、人類とトランスフォーマーの関係に亀裂が走るなか、新たな敵の出現で地球に過去最大のピンチが訪れる。

「CGを多用する作品だから、グリーンバックの撮影が多いと思ったけど、それ以上に実写でのロケ撮影が多かった。爆発もカーチェイスも、実際に体験したのよ」(ニコラ)、「日々挑戦の連続だった。NGを出せば、撮影再会まで1週間もかかってしまうシーンもあるから、緊張を強いられたけど、俳優としては健全な現場だった。巨大ロボットを通して、人間性を問いかけるテーマ性も魅力だと思うよ」(ジャック)と過酷な撮影をふり返った。

『トランスフォーマー/ロストエイジ』は8月8日(金)より全国にて3D/2D/IMAX3D公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top