AKB島崎遥香、中田秀夫監督ホラー最新作で主演に抜擢!

最新ニュース

AKB島崎遥香、中田秀夫監督ホラー最新作で主演に抜擢!
  • AKB島崎遥香、中田秀夫監督ホラー最新作で主演に抜擢!
  • AKB島崎遥香、中田秀夫監督ホラー最新作で主演に抜擢!
『リング』で日本だけでなく世界中を恐怖に陥れ、2013年には元「AKB48」前田敦子を主演に迎えた『クロユリ団地』で興行収入10億円突破という大ヒットを記録した鬼才・中田秀夫監督。その中田監督最新ホラー映画の主演に“ぱるる”の愛称で親しまれている「AKB48」島崎遥香が決定した。

先日「AKB48」グループ全メンバーを対象とした主演女優オーディションが開催され、総勢300人以上の一次審査、そして各回1時間にも及ぶ熾烈な二次審査、チームAの島崎さん始め、入山杏奈、川栄李奈、中村麻里子、チームKの田野優花、チームBの田名部生来、「NMB48」チームN兼任の柏木由紀、「SKE48」チームE松井玲奈(乃木坂46兼任)が最終審査まで残り、監督希望による個人面談を経て、島崎さんが主演に抜擢された。

主演抜擢の正式な発表がなされたのは7月30日(水)放送のラジオ「AKB48のオールナイトニッポン」。同番組の生放送に中田監督がサプライズ出演し、島崎さんに直接電話をし発表した。

電話に出た島崎さんは、深夜の突然の吉報に「とても驚いています!」と話しながらも、「オーディションは『AKB48』のオーディションに続き人生2回目だったのでとても緊張しました。でも、二次・三次と残っていく中で『ここまで来たなら合格したい』という思いが強くなり、最終審査に臨んでいたので、嬉しいです。頑張りたいと思います」と主演に向け意気込みを語った。

島崎さんを選んだ理由として、中田監督は「島崎さんは“アンバランスな魅力”にあふれています。自分の潜在能力の高さを自覚せず、どこか自信なさげな表情をしたり、その一方で自分をまったく飾ろうとしない率直さに感じ入りました。自分がこれでいいのかという不安と、逆に私はこれでしかないという潔さの同居は彼女の瞳に現れています。この彼女の最大の魅力を十全に引き出してみたいという野心に駆られています」とコメント。

また、「20年くらいホラーをやってきておりますが、今回は“Jホラー”の枠を飛び越えて、いままでの自分とは違う、スピード感のあるジェットコースター的なホラーにしたいと意気込んでいます」と映画のイメージについても語った。

そのほかの映画の詳細は未発表となっている。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top