坂上忍、“ほん怖”で22年ぶりのホラー作品!「霊感もないし幽霊も信じてない」

最新ニュース

坂上忍出演「タクシードライバーは語る」/「ほんとにあった怖い話 15周年スペシャル」
  • 坂上忍出演「タクシードライバーは語る」/「ほんとにあった怖い話 15周年スペシャル」
今年で15周年の節目を迎えるオムニバス形式のリアルホラードラマ「ほんとにあった怖い話」。本当に起きた心霊現象や不思議な体験を忠実にドラマで再現し人気の本作。今回は過去最多となる7つの恐怖エピソードを収録。その中に毒舌キャラとしてストレートな発言がお茶の間の絶大なる指示を受けて大ブレイクしている坂上忍が出演することが分かった。

会社からリストラされ、タクシー運転手として働き始めた中川行雄(坂上忍)。ある日、夜道を流していると病院の前でひとりの女性客を拾ってしまう。うつむきながら何も語らない彼女。長い山道を経て目的地に到着すると、思いもよらぬ展開が行雄を襲う…。

坂上さんが出演するのは「タクシードライバーは語る」。1992年放送の「世にも奇妙な物語」の「電気じかけの幽霊」以来、ホラー系作品への出演は22年ぶり。テレビドラマでは約3年ぶりとなる演技に臨んだ坂上さんは、「そんなに違和感はなかった」と語るも、本人はホラーが苦手の分野だそうで、「ホラーは苦手で全然ダメなんですが、霊感も全くないし幽霊とか信じてないので、演じる分には大丈夫でした。まぁ気持ちのいいものではないですよね。怖いシーンはやっぱり少し怖かったです」と告白。

坂上さんを起用した理由について、番組の総合プロデュースを手掛ける後藤博幸は、「最近は毒舌キャラとして人気を博している坂上さんですが、特に20歳以下の若い“ほん怖”ファンのみなさんに、背筋も凍るような恐ろしい世界観の中で真剣に(笑)お芝居している坂上さんを堪能いただきたいと思い、出演をお願いしました。今回のタクシードライバー役は、普段の歯に衣着せぬ坂上さんとは真逆のキャラクターです。そのギャップをお楽しみ下さい」と語った。

SMAPの稲垣吾郎を案内人とした“ほん怖クラブ”のメンバーたちがスタジオで怖さを吹き飛ばすおまじないを唱えるのが定番となっている本作は、坂上さんが出演する「タクシードライバーは語る」のほか、「犯人は誰だ」、「S銅山の女」、「さとるくん」、「腕をちょうだい」、「誘いの森」、「闇への視覚」が放送される。まだ発表されていない残り6本のエピソードにも豪華俳優陣が出演する予定だ。

「ほんとにあった怖い話 15周年スペシャル」は8月16日(土)午後9時~11時10分フジテレビにて放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top