「1D」ハリー・スタイルズ、カーラ・デルヴィーニュの相手役を断る

最新ニュース

「1D」ハリー・スタイルズ、カーラ・デルヴィーニュの相手役を断る
  • 「1D」ハリー・スタイルズ、カーラ・デルヴィーニュの相手役を断る
  • ハリー・スタイルズ -(C) Getty Images
  • カーラ・デルヴィーニュ-(C) Getty Images
  • ハリー・スタイルズ
  • カーラ・デルヴィーニュ-(C) Getty Images
  • ハリー・スタイルズ -(C) Getty Images
ハリー・スタイルズが新作映画でカーラ・デルヴィーニュの相手役を断っていたという。

昨年カーラとの交際説も浮上したことのあるハリーは、映画業界の大物プロデューサーであるハーヴェイ・ワインスタインが製作総指揮を務める『Tulip Fever』(原題)で役をオファーされていたものの、「ワン・ダイレクション」のツアーを理由に、カーラ、ジュディ・デンチ、クリストフ・ヴァルツ、ザック・ガリファアナキスとの共演の機会を断ったようだ。

ハーヴェイは「Mail Online」に「ハリーに『Tulip Fever』である役をオファーしましたが、ハリーはツアー中でしたので、断ったのです」「その役はマシュー・モリソンが結局演じることになったのですが。言わせてください。マシューの最初の方の撮影シーンではカーラ・デルヴィーニュとキスしたんですよ」「だから、次にハリーに役をオファーしたら、断らないと思いますよ」と明かした。

また、ハーヴェイはハリーには映画においてもその才能を開花する大きな可能性があると考えているため、今回のオファーを断ったことを残念に思っているようだ。「ハリーはエロール・フリンみたいなんです。向こう見ずなチャーミングさがあるのです。完全なるスターの素質といえます。ハリーは素晴らしくなると思いますよ。疑いようもありません…」。

そんなハーベイはハリーだけに目をつけているわけではなく、自身が手掛けるゲイリー・バーロウ出演のブロードウェイの舞台「ファインディング・ネバーランド」に向けた計画中のサウンドトラックにおいて、他のポップ界のスターたちと仕事をすることを望んでいるようだ。

「ゲイリーとリック・ルービンがこの舞台のためにコンセプトアルバムを制作するのです」「テイラー・スウィフト、アリシア・キーズ、ジェニファー・ハドソンと話をしている段階です。エド・シーランもぜひ参加して欲しいですね。リックはいまピンクと話していますよ。収録曲はポップソングのようにちょっと違ったスタイルでアレンジされますが、ミュージカルのストーリーも伝える内容になる予定です」。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top