第66回エミー賞発表!「ブレイキング・バッド」&「SHERLOCK/シャーロック」圧勝

最新ニュース

左から、アーロン・ポール&アンナ・ガン&ブライアン・クラスト/「ブレイキング・バッド」 in 第66回エミー賞 -(C) Getty Images
  • 左から、アーロン・ポール&アンナ・ガン&ブライアン・クラスト/「ブレイキング・バッド」 in 第66回エミー賞 -(C) Getty Images
  • 「ブレイキング・バッド」 in 第66回エミー賞 -(C) Getty Images
  • 「ブレイキング・バッド」/BrBa S1: (C) 2008 Sony Pictures Television Inc.  All Rights Reserved.
  • 「SHERLOCK/シャーロック」-(C)  Colin Hutton/Steve Brown (C) Hartswood Films 2012
  • 「ハウス・オブ・カード 野望の階段」-(C) 2013 MRC II Distribution Company L.P. All Rights Reserved.
  • マシュー・マコノヒー&ウディ・ハレルソン/「TRUE DETECTIVE」-(C)2014 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.
  • 「ゲーム・オブ・スローンズ」-(C) 2012 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBOR and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.
  • アメリカン・ホラー・ストーリー -(C) Getty Images
第66回エミー賞授賞式が25日(現地時間)、ロサンゼルスのノキア・シアターで開催され、「ブレイキング・バッド」がドラマ部門で「作品賞」「主演男優賞」など主要部門を押さえて圧勝、シリーズ最後に有終の美を飾った。

昨年9月にシーズン5で終了した「ブレイキング・バッド」は圧倒的な強さを見せた。主要部門の「プライムタイム・エミー」、技術部門などの「クリエイティブアート・エミー」で合わせて16部門で候補となり、上記2部門のほか、「助演男優賞」と「助演女優賞」、「脚本賞」の全5部門で受賞。ここ数年、「主演男優賞」を逃していたブライアン・クランストンが4度目の受賞で有終の美を飾った。

スタンディング・オベーションで祝福されたブライアンは「なぜ自分がこんなに恵まれているのか、分かりません。でも、私は演じることを愛しています。そして息を引き取る瞬間まで演じ続けます」とスピーチした。

同賞候補には、「TRUE DETECTIVE/二人の刑事」のマシュー・マコノヒーという強敵がおり、同じ年度にアカデミー賞「主演男優賞」(『ダラス・バイヤーズクラブ』)とエミー賞ドラマ・シリーズ部門「主演男優賞」のW受賞の期待がかかったが、残念ながら史上初の快挙は果たせなかった。

最多19部門にノミネートされていたドラマ・シリーズ部門の「ゲーム・オブ・スローンズ」は「衣裳」「特殊メイク」「視覚効果」など技術部門のみの受賞となった。

コメディ・部門では「モダン・ファミリー」が2010年以来、5年連続で「作品賞」を受賞し、90年代の人気シリーズ「フレイジャー」の記録(1994年から1998年)の記録に並んだ。同作は「監督賞」と「助演男優賞」も受賞した。

ミニ・シリーズ/TV映画部門の12部門で候補となった「SHERLOCK/シャーロック」は、「主演男優賞」(ベネディクト・カンバーバッチ)、「助演男優賞」(マーティン・フリーマン)など7部門を受賞し、大健闘を見せた。

今年は、有料オンラインサイト「Netflix」配信作品のノミネートが急増し、ケヴィン・スペイシー主演の「ハウス・オブ・カード 野望の階段」(13部門)、女子刑務所が舞台のコメディ「Orange Is The New Black」(12部門)を始め、合計31部門でノミネートされていたが、受賞は「Orange Is The New Black」のコメディ・シリーズ部門「キャスト賞」など、「クリエーティブアート・エミー賞」でのわずか7部門に終わった。

そして、追悼コーナーでは去年から今年にかけて亡くなった俳優、監督、スタッフの紹介の最後に今月11日(現地時間)に亡くなったロビン・ウィリアムズのありし日の姿が映し出された。親友だったビリー・クリスタルが登場し、「(ロビンが遺した)美しい光は私たちの頭上で輝き続けます。明るいその光は私たちの心を温めてくれるでしょう」と追悼した。

<プライムタイム・エミー賞の主な受賞結果一覧>

■ドラマ・シリーズ部門
作品賞:「ブレイキング・バッド」
主演男優賞:ブライアン・クランストン「ブレイキング・バッド」
主演女優賞:ジュリアナ・マルグリース「グッド・ワイフ」
助演男優賞:アーロン・ポール「ブレイキング・バッド」
助演女優賞:アンナ・ガン「ブレイキング・バッド」
監督賞:ケイリー・ジョージ・フクナガ「TRUE DETECTIVE/二人の刑事」
脚本賞:モイラ・ウォリー・ベケット「ブレイキング・バッド」

■コメディ・シリーズ部門
作品賞:「モダン・ファミリー」
主演男優賞:ジム・パーソンズ「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」
主演女優賞:ジュリア・ルイ=ドレイファス「Veep」
助演男優賞:タイ・バーレル「モダン・ファミリー」
助演女優賞:アリソン・ジャニー「Mom」
ゲスト男優賞:ジョー・モートン「スキャンダル 託された秘密」
ゲスト女優賞:アリソン・ジャニー「Master of Sex」
監督賞:  ゲイル・マンキューソ「モダン・ファミリー」
脚本賞:  ルイス・C・K「Louie」

■ミニ・シリーズ、TVムービー部門
作品賞:「Fargo」(ミニ・シリーズ)
     :「The Normal Heart」(TVムービー)
主演男優賞:ベネディクト・カンバーバッチ「SHERLOCK/シャーロック」
主演女優賞:ジェシカ・ラング「アメリカン・ホラー・ストーリー:魔女団」
助演男優賞:マーティ・フリーマン「SHERLOCK/シャーロック」
助演女優賞:キャシー・ベイツ「アメリカン・ホラー・ストーリー:魔女団」
監督賞:コリン・バックシー「Fargo」
脚本賞:スティーヴン・モファット「SHERLOCK/シャーロック」
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top