ゲームで彼女の心は変わるのか? ソニーが実験動画を公開「世界一のゲーム VS 俺の彼女」

最新ニュース

ソニーが公開した実験動画「世界一のゲーム VS 俺の彼女」/使用ゲーム「TheLast of Us Remastered」
  • ソニーが公開した実験動画「世界一のゲーム VS 俺の彼女」/使用ゲーム「TheLast of Us Remastered」
  • ソニーが公開した実験動画「世界一のゲーム VS 俺の彼女」/使用ゲーム「TheLast of Us Remastered」
  • ソニーが公開した実験動画「世界一のゲーム VS 俺の彼女」/使用ゲーム「TheLast of Us Remastered」
  • ソニーが公開した実験動画「世界一のゲーム VS 俺の彼女」/使用ゲーム「TheLast of Us Remastered」
  • ソニーが公開した実験動画「世界一のゲーム VS 俺の彼女」/使用ゲーム「TheLast of Us Remastered」
  • ソニーが公開した実験動画「世界一のゲーム VS 俺の彼女」/使用ゲーム「TheLast of Us Remastered」
  • ソニーが公開した実験動画「世界一のゲーム VS 俺の彼女」/使用ゲーム「TheLast of Us Remastered」
  • ソニーが公開した実験動画「世界一のゲーム VS 俺の彼女」/使用ゲーム「TheLast of Us Remastered」
今年も秋に開催される東京国際映画祭(以下、TIFF)。特別スーパーバイザーとして庵野秀明の起用が発表されたが、今年は目玉としてアニメやゲーム作品が数多く上映されることでも話題を集めている。そんなTIFFのメイン会場となる東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで先日、“ゲーム”を使ったある実験が行われた。

近年、その圧倒的な映像美と重厚なストーリー展開で、「映画のような」「映画を越えた」と言われる“ゲーム”。エレン・ペイジやウィレム・デフォーなど実際のハリウッドスターを起用したタイトルまで登場するなど、“物語をPlayする”という感覚は次第に浸透してきている。

とはいえ、ゲームというだけでネガティブなイメージを持つ人々もいるはずだ。特に女性にはハードルが高いよう。そんな彼女たちに敢えて、“ゲーム界の雄”ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアが挑戦! その実験動画がこのほど公開された。

動画のタイトルは「世界一のゲーム VS 俺の彼女」。その内容は、ゲーム好きな彼氏とゲームが苦手な彼女を複数組招待し、カップルの2人に脳波測定機を装着。2014年度に英国アカデミー賞ゲーム部門で「ベストゲーム賞」を受賞するなど国内外で200以上の賞を総なめにする、まさに“世界一のゲーム”の名に相応しい「TheLast of Us Remastered」をフル体験させることで、彼らの脳波にどのような変化があるかを検証したもの。

まず「TheLast of Us Remastered」の紹介から。本作は、2013年に発売されたPlayStation3専用ソフトで、前述の通り数々の賞を受賞し、全世界で累計販売本数が600万本を突破した大ヒットサバイバルアクションゲームだ。

物語の舞台は、ある日突然、謎の寄生菌のパンデミックが発生し、荒廃してしまった世界にあるアメリカ。パンデミックから20年後、ブラックマーケットでの取引を生業とする主人公・ジョエルは、武器を巡るトラブルから絶命間際の友人に頼まれて、初対面のエリーという14歳の少女を仲間のところまで連れて行く仕事を引き受ける。を旅していく過程で、2人は“感染者”の脅威と戦い、そして様々な方法で生き残ってきた他の生存者たちと出会うのだが――。

映画で言えば、ブラッド・ピット主演の『ワールド・ウォーZ』やJ・J・エイブラムスが製作を務めた『クローバーフィールド/HAKAISHA』、海外ドラマなら「ウォーキング・デッド」といったところだろうか。

冒頭で挙げたように、「映画のような」と言われるほどの重厚なストーリーで描かれる近年のゲーム。本作も過激さやゾンビを倒していく爽快感が売りの既存のゾンビゲームとは異なり、主人公であるジョエルとエリーの信頼関係に重きを置いた感動的なストーリーが見どころ…いや、プレイどころ(?)となる。

そんな本作を使って行われた今回の実験は、何も知らされぬまま彼女たちが劇場へと連れてこられたところからスタート。事前のアンケートでは「くだらない」「時間の無駄」と容赦なくゲームを断罪していた彼女たちは、大型スクリーンに映し出されたゲーム画面と手渡されたコントローラーに戸惑い気味…そして明らかな不満顔だ。

プレイ開始後も、夢中で目を輝かせる彼氏、その一方で、つまらなさそうにする彼女。しかし、物語が進むにつれて徐々に彼氏と同じ場面で驚いたり、笑顔を見せたりと、彼女の表情が豊かになりゲームの世界観に引き込まれていく様子が。そして、ラストを迎える頃にはかなりの興奮状態となっている。



この彼女たちの表情の激変は映像で見て頂くしかないが、開始時と終了時で脳波中のα波(集中・熱中を示す脳波)率を比較してみると、ゲーム嫌いの彼女10人中7人の熱中度が増加し、最大で189%、平均でも134%に増加する結果となった。

実験後の彼女たちに話を聞いてみると、「今までのゲームとは全く違う、映画のような感覚」(29歳:食品会社)、「操作できる映画のようで快感だった」(24歳:化粧品メーカー)、「ずっと見てられるので彼氏が買うのも許す」(35歳:アパレル)とのコメント。彼氏たちが安堵する様が目に浮かぶようだ。

また今回、彼女たちが体験したタイトル「TheLast of Us Remastered」は、最高の映像美を誇るPlayStation4専用ソフトとしてグレードアップされ先日より発売中。果たして、あなたはラストを迎えた時、どんな表情になるだろうか?
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top