鈴木亮平、「村岡印刷」コールに応えて生ラップ披露!

最新ニュース

生ラップを披露する、鈴木亮平/『TOKYO TRIBE』初日舞台挨拶
  • 生ラップを披露する、鈴木亮平/『TOKYO TRIBE』初日舞台挨拶
  • 鈴木亮平&YOUNG DAIS&清野菜名&佐藤隆太&竹内力&叶美香&中川翔子&大東駿介&石田卓也&市川由衣&石井勇気&坂口茉琴&井上三太(原作)&園子温(監督)/『TOKYO TRIBE』初日舞台挨拶
  • 叶美香/『TOKYO TRIBE』初日舞台挨拶
  • 清野菜名/『TOKYO TRIBE』初日舞台挨拶
  • 中川翔子/『TOKYO TRIBE』初日舞台挨拶
  • 市川由衣/『TOKYO TRIBE』初日舞台挨拶
  • 生ラップを披露する、鈴木亮平/『TOKYO TRIBE』初日舞台挨拶
  • 鈴木亮平、「村岡印刷」コールに応えて生ラップ披露!
園子温監督の最新作『TOKYO TRIBE』が8月30日(土)に公開を迎え、鈴木亮平、YOUNG DAIS、清野菜名、佐藤隆太、竹内力、叶美香、中川翔子、大東駿介、石田卓也、市川由衣、石井勇気、坂口茉琴、原作漫画を手掛けた井上三太、園監督による舞台挨拶が行われた。

井上さんの伝説的コミックを“バトル・ラップミュージカル”として実写映画化。シヴヤ、ブクロ、シンジュクなどの地域に分かれた近未来の首都・トーキョーを舞台に、各地域を仕切る“族(トライブ)”同士の激しい抗争を描き出す。

鈴木さんは“錚々たる”としか言いようのない、 個性豊かな共演陣を見やり「このメンバーを見れば分かると思いますが、とんでもない映画になってしまいました(笑)!」と挨拶。

「初めて監督とお会いした時、仰ったのが『世界でヒットする映画にしたい』ということ。一丸になって作り上げて、言いたいことはひとつ! 『世界よ! こんな映画が作れるものなら作ってみろ!』。熱のこもった日本人にしか、園子温監督にしか作れない映画です」と叫ぶかのように語り、喝采を浴びる。

この日の舞台挨拶に来られなかったメンツも含め、このキャスト陣をまとめ上げ、これまでにない映画に仕上げた園監督は「闇鍋の如く、いろんなものがごった煮になりながら、ピースフルなものになった」と語り、ロス在住の本作の関係者の声として「向こうの黒人たちが、(日本人に先を越されて)ものすごく悔しがっているらしいです。世界中に『いまこそ気づいたか! ラップミュージカルができるんだぞ!』と見せてやりたい」と胸を張った。

劇中でも、そして、もちろんこの日もこぼれんばかりの胸を見せつけセクシーな衣装で登場した叶さんは、映画について「ピースフルでヘヴンリーナ内容が含まれています。姉もそのように申しておりました!」となぜか本作には出演していない叶恭子の感想まで添えてアピールし、会場は爆笑に包まれる。

念願の(?)ブルース・リーの黄色いトラックスーツで映画出演を果たした中川さんは「園作品でトラックスーツを着てヌンチャクを振り回して、私はこれで笑顔で死ねます!」と興奮気味にまくしたてた。

原作者の井上さんはノリノリで「原作者としてひと言だけ言わせてもらうと『嬉しいよーーーTOKYO TRIBE!」と絶叫し、キャスト陣にも生のラップをリクエスト! 「村岡印刷!(※鈴木さんが出演するNHKドラマ「花子とアン」で鈴木さんが演じる村岡が経営する印刷所)というコールに応えてまずは鈴木さん、続いてYOUNG DAIS、清野さんがラップを披露し、会場は異様な盛り上がりを見せていた。

『TOKYO TRIBE』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top