『るろ剣 京都大火編』興収45億円突破! 首位『テルマエII』抜き去る

映画

シリーズ完結編・後編『るろうに剣心 伝説の最期』/-(C) 和月伸宏/集英社 (C) 2014「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会
  • シリーズ完結編・後編『るろうに剣心 伝説の最期』/-(C) 和月伸宏/集英社 (C) 2014「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会
  • (C)和月伸宏/集英社 (C)2014「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会
  • (C)和月伸宏/集英社 (C)2014「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会
  • 青木崇高(相楽左之助役)/『るろうに剣心』撮影現場 in 三浦半島
  • 佐藤健(剣心役)『るろうに剣心 伝説の最期』/-(C) 和月伸宏/集英社 (C) 2014「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会
  • 『るろうに剣心 伝説の最期』/-(C) 和月伸宏/集英社 (C) 2014「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会
  • 佐藤健(緋村剣心)VS福山雅治(比古清十郎役)/『るろうに剣心 京都大火編』 -(C) 和月伸宏/集英社 (C) 2014「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会
日本を始め、海外でも大ヒットを記録した映画『るろうに剣心』。その続編であり、2部作で描かれるシリーズ完結編の前編『るろうに剣心 京都大火編』が、公開から38日間(9月7日まで)で興行収入45億円(※観客動員数は354万7,444人/ワーナー・ブラザース映画調べ)を突破し、今年の邦画実写作品で興行成績第1位となったことが明らかとなった。

本作は、原作ファンにも高い人気を誇る 「京都編」を描いたもの。かつて、緋村剣心(佐藤健)の後を継ぎ“人斬り”の仕事をしてきた志々雄真実(藤原竜也)が、最強の敵となって剣心の前に立ちはだかる…。



本作は8月1日に公開され、興行収入は16日間で30億円、28日間で40億円を突破。そして9月5日(金)には、今年公開された邦画・実写作品で首位に立っていた『テルマエ・ロマエII』(公開:4月26日)の44億円を抜き去り、興行収入第1位に躍り出た。

夏休みが明けた先週も動員を伸ばした本作は、9月最初の週末だった6日・7日も、夏休みの最後の週末となった8月30日・31日の対比で93%と、その勢いがまったく衰えていない。

今週末の9月13日(土)より公開を控える後編『伝説の最期編』は、福山雅治が剣心の師匠“比古清十郎”を演じることでも話題を呼び、『京都大火編』の好調ぶりと併せ、前売券の売れ行きが『京都大火編』の150%という大幅伸長を見せている。

『るろうに剣心 京都大火編』は公開中、『伝説の最期編』は9月13日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top