ナオミ・ワッツ、「トミーヒルフィガー」の親善大使就任

最新ニュース

ナオミ・ワッツ -(C) Getty Images
  • ナオミ・ワッツ -(C) Getty Images
  • ナオミ・ワッツ -(C) Getty Images
  • ナオミ・ワッツ
  • ナオミ・ワッツ -(C) Getty Images
ナオミ・ワッツが「トミーヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)」の親善大使を務めることになった。

ナオミはチャリティプログラム「ファンド・フォー・リビング」を支援し、乳がんの研究と治療の開発を進める非営利組織ブレスト・ヘルス・インターナショナルに向けて同ブランドが手掛けた限定版ハンドバッグのグローバル・アンバサダーに就任した。

パトリック・デマルシェリエの手によりナオミのロサンゼルスの自宅で撮影された新広告では、赤、白、青のカラフルなキーホルダー付きの表面が粒状加工されたその青のレザーのハンドバッグを持つナオミの美しい姿が映し出されている。ナオミは、現在同ブランドの親善大使を務めているレニー・ゼルウィガー、カーラ・ブルーニ、シャルロット・ゲンズブール、ナオミ・キャンベルらの仲間入りを果たしたことになる。

ナオミはWWDに「ファンド・フォー・リビングは人々とその特定のニーズに応えるの」「助けが必要とする人々…彼女たちの子どもを世話する、医者に診てもらう手配、そんなささやかな手助けよ。こんなレベルの危機に向き合いながら、まして、子どもがいたとしたら、その生活を維持しようとするなんて想像できるかしら?この活動はこういうことに対応したり、そういったさらなる援助を得られるようにするのよ」と話した。

また、ナオミは普段使いにもお出かけ用にもなるこの多機能バッグの大ファンであると続けた。「とても機能的なバッグなの。仕事用にもいいし、お出かけ用にだって使えるのよ。私はバッグを変えるのって好きじゃないのよね」。

299ドル(約3万1,000円)と価格設定されたこの新作バッグは、1バックの販売につき100ドル(約1万円)がファンド・フォー・リビングに寄付されることになり、今月25日からトミーヒルフィガーのウェブサイトと一部の店舗で購入可能となる。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top