佐藤健×宮崎あおい初共演! 世界初のLINE連載小説「世界から猫が消えたなら」映画化

映画

初共演を果たす、佐藤健(僕&悪魔役)と宮崎あおい(初恋の“彼女”役)/映画『世界から猫が消えたなら』
  • 初共演を果たす、佐藤健(僕&悪魔役)と宮崎あおい(初恋の“彼女”役)/映画『世界から猫が消えたなら』
『電車男』『告白』『悪人』『モテキ』『おおかみこどもの雨と雪』など、数々の大ヒット映画を製作してきた東宝の映画プロデューサー・川村元気が、LINE連載小説という世界初の形態で発表した初小説「世界から猫が消えたなら」。そんな本作がこのほど、佐藤健と宮崎あおいをメインキャストに迎えて映画化されることが決定した。

本作の主人公は、余命わずかと宣告された郵便配達員(30歳)。そんな男の前に、彼と同じ姿をした悪魔が現れ、大切なものと引き換えに「1日の命」を与えると取引を持ちかける。何かを得るためには、何かを失わなくてはならない。電話、映画、時計、そして猫。失われていく世界のなかで、男はかつての恋人に再会する――。

その斬新なアイディアと感動的なストーリーが高い評価を得て、単行本(マガジンハウス刊)発表直後から話題を呼び、2013年本屋大賞ノミネートされ、さらに今年、妻夫木聡を主演に迎えてNHKでラジオドラマ化を経ての実写映画化となる。

主人公の“僕”と“悪魔”の1人2役を演じるのは、『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』が大ヒット中の佐藤健。一方、本作のヒロインとなる僕の初恋の“彼女”役には、『NANA』『舟を編む』『神様のカルテ』などヒット映画への出演が続く宮崎あおい。さらに、僕の親友・ツタヤ役は濱田岳が演じる。

佐藤さんは「タイトルに惹かれて原作は読んでいました」といい、佐藤さんと初共演となる宮崎さんも「もともと好きな小説だったので、今回参加させていただけることがとても嬉しいです」と共に喜びのコメントを寄せている。

さらに、佐藤さんは「まさか自分にオファーを頂けるとはこれっぽっちも思っていなかったので驚きましたが、原作が素敵だったことと、日本映画があまり得意としないファンタジーというジャンルにずっと挑戦してみたかったということ、そして“僕”と“悪魔”の2役ということに強く興味を惹かれました。これほど挑戦しがいのある役をいただけて本当に光栄に思います」と意気込みを語っている。

メガホンを握るのは、「サントリーBOSS ゼロの頂点」や「カロリーメイト とどけ、熱量。」などのCMで監督を務め、妻夫木さん主演の『ジャッジ!』で長編映画監督デビューを果たした気鋭のクリエイター・永井聡。脚本には、連続テレビ小説「ちゅらさん」「おひさま」「最後から二番目の恋」などで知られる岡田惠和。音楽担当には、「Mr.Children」のプロデューサーとして活躍し、岩井俊二監督作品『スワロウテイル』('96)の音楽監督を務め社会現象を巻き起こした小林武史。

日本を代表する一流クリエイターたちが集結しての今回の映画化。「とりあえず台本は号泣でした」という佐藤さんのコメントからも、名作が誕生しそうな予感?

撮影は10月からスタートし、北海道やアルゼンチンなど大規模なロケが行われ、2015年 春の完成を予定している。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top