武井咲の“ドS”ぶりに、「関ジャニ∞」大倉忠義あ然?

最新ニュース

武井咲/『クローバー』完成披露試写会
  • 武井咲/『クローバー』完成披露試写会
  • 『クローバー』完成披露試写会
  • 永山絢斗&夏菜&上地雄輔/『クローバー』完成披露試写会
  • 永山絢斗/『クローバー』完成披露試写会
  • 武井咲/『クローバー』完成披露試写会
  • 上地雄輔/『クローバー』完成披露試写会
  • 武井咲&永山絢斗&上地雄輔/『クローバー』完成披露試写会
武井咲と「関ジャニ∞」の大倉忠義が9月22日(月)、都内で行われた主演作『クローバー』の完成披露試写会に出席。武井さんのムチャぶりで、大倉さんがファン1,000人に対し「バカ」と言い放つハメになり、「(役柄と違って)まあまあドSですね」と苦笑していた。

“オフィスラブのバイブル”とも言われる稚野鳥子による人気少女コミックを映画化。初恋の人が忘れられない、恋愛オンチな新人OL・沙耶(武井さん)と、華やかな女性遍歴を持つ超ドSなイケメンエリート上司・柘植(大倉さん)という対照的な2人が繰り広げる恋愛模様をコメディタッチで描く。

劇中では、大倉さんが「バカッ!」「お前の脳ミソは犬以下だ!」とドS全開で、武井さんを罵るシーンも多々あり「心痛かったですよ。こんな可愛い方に暴言を吐くわけですから」と大倉さん。一方、武井さんも「途中で『もう嫌いだあ』って思うほど、悲しくなりましたね。でも沙耶ちゃんは、柘植さんに優しさがあると分かっているから、追いかけるんだと思います」と翻ろうされるヒロインに、理解を示した。

完成披露試写会には武井さん&大倉さんに加えて、共演する永山絢斗、夏菜、上地雄輔、古澤健監督が同席。沙耶の幼なじみで初恋の相手でもあるイケメン俳優・ハルキを演じる永山さんは「優し過ぎてしまう男なので、優しさとは何か考えながら演じた」。また、柘植に猛アタックを仕かける社長令嬢・栞役の夏菜さんは「嫌われること間違いなしの役ですが(笑)、ピュアな栞ちゃんを分かってほしい」と話していた。

また、柘植以上のドSぶりを披露する専務取締役を演じる上地さんは「プロデューサーさんから、まっすぐ悪気なくひどいことを言えるのは、雄ちゃん(=上地さん)しかいないって言われて」とキャスティング秘話を披露。『今日、恋をはじめます』に続き、武井さんとタッグを組む古澤監督は、「恋愛でいっぱいいっぱいになっている友だちを応援する気持ちで楽しんでもらえれば」とアピールしていた。

映画『クローバー』は11月1日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top