瑛太、『まほろ駅前狂騒曲』に「自信を持ってる」 さらなる続編にも意欲!

最新ニュース

瑛太(多田役)×松田龍平(行天役)/『まほろ駅前狂騒曲』完成披露試写会
  • 瑛太(多田役)×松田龍平(行天役)/『まほろ駅前狂騒曲』完成披露試写会
  • 瑛太(多田役)×松田龍平(行天役)&大森立嗣(監督)/『まほろ駅前狂騒曲』完成披露試写会
  • 瑛太(多田役)/『まほろ駅前狂騒曲』完成披露試写会
  • 松田龍平(行天役)/『まほろ駅前狂騒曲』完成披露試写会
  • 大森立嗣(監督)/『まほろ駅前狂騒曲』完成披露試写会
  • 瑛太(多田役)/『まほろ駅前狂騒曲』完成披露試写会
  • 瑛太(多田役)×松田龍平(行天役)/『まほろ駅前狂騒曲』完成披露試写会
  • 松田龍平(行天役)/『まほろ駅前狂騒曲』完成披露試写会
映画、連続ドラマと人気を集めてきた『まほろ駅前』シリーズの最新劇場版となる『まほろ駅前狂騒曲』の完成披露試写会が9月29日(月)に都内で開催され、主演の瑛太、松田龍平、大森立嗣監督が舞台挨拶に登壇した。

「舟を編む」「風が強く吹いている」などで知られるベストセラー作家・三浦しをんの人気小説シリーズの実写版で、2011年公開の映画『まほろ駅前多田便利軒』、その後の連続ドラマ「まほろ駅前番外地」に続く第3弾。30代バツイチの元同級生で、まほろ市の駅前で便利屋を営む多田と行天が無理難題ばかりの依頼に悪戦苦闘するさまを描き出す。

東京でのお披露目を前に大阪、福岡とプロモーションで回ってきた瑛太さんは、これまでの観客の反応を踏まえて作品に「自信を持っています」と力強く語る。

映画として始まった本シリーズが、連ドラを経て再び映画として製作されたことについて「嬉しいです。第1作の時はどう多田を演じるか? 大森組にどう挑むか? と考えてましたが、ドラマを経て、普段の多田と行天の距離感を掴めたと思います」とふり返る。

改めてこの3作目について「いままでは多田がツッコミで行天がボケということが多かったですが、今回はその役割が反転する部分もあり、行天が多田に振り回される展開もあって、新しい感じで観ていただけると思います」とアピールする。

大森監督が「いろんな事件があるけど、多田と行天の2人の掛け合いを楽しんでほしい」と、あくまで便利屋2人が軸であると強調すると、瑛太さんも「自分で言うのは恥ずかしいけど、僕と龍平が見どころです!」と力強く語った。

松田さんも「また映画に帰ってこられて嬉しいです」とうなずく。今回、行天の知られざる過去が明らかになり、そこにどう向き合うかが描かれるが「とうとう来たなという感じ」とどこか飄々とした口調ながらも熱い意気込みを口にする。「便利屋の話なので華がないんです。どう宣伝したらいいか…(苦笑)」とやや自虐気味に語りつつも、「親と子や人と人の距離などを微妙なニュアンスで伝えているので、感じて楽しんでもらえたら」と呼びかけた。

瑛太さんも、松田さんも、こうした舞台挨拶などで決して多弁な印象はないが、瑛太さんは「こんな僕らですが、宣伝がんばってます(苦笑)! TVにもたくさん出てます」と本シリーズへの並々ならぬ強い思い入れをうかがわせる。

既に発表されている三浦さんの原作は「まほろ駅前狂騒曲」(文芸春秋社刊)で最後となるが、大森監督は「続きを考えちゃう…」とこのままでは終わりたくないよう。瑛太さんも「みなさんの応援があればまた続きが出来るかも」とさらなる続編、長期シリーズ化への意欲を口にし、劇場は期待を込めた拍手に包まれた。

『まほろ駅前狂騒曲』は10月18日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top