【特別映像】中条あやみ、天使すぎる歌声披露「先生がすごいスパルタで恐かった」

映画

“オフィーリアの歌”合唱/『劇場版 零~ゼロ~』(C)2014『劇場版 零~ゼロ~』製作委員会
  • “オフィーリアの歌”合唱/『劇場版 零~ゼロ~』(C)2014『劇場版 零~ゼロ~』製作委員会
  • “オフィーリアの歌”合唱/『劇場版 零~ゼロ~』(C)2014『劇場版 零~ゼロ~』製作委員会
  • “オフィーリアの歌”合唱/『劇場版 零~ゼロ~』(C)2014『劇場版 零~ゼロ~』製作委員会
  • “オフィーリアの歌”合唱/『劇場版 零~ゼロ~』(C)2014『劇場版 零~ゼロ~』製作委員会
  • “オフィーリアの歌”合唱/『劇場版 零~ゼロ~』(C)2014『劇場版 零~ゼロ~』製作委員会
雑誌「Seventeen」専属モデルの中条あやみが主演を務める、現在公開中の映画『劇場版 零~ゼロ~』。累計130万本を売り上げる学園を舞台にした大ヒットゲーム「零」シリーズを映画化し、話題騒然となっている本作から、中条さんのソロパートも入った女子生徒たちによる合唱シーンの本編映像が、シネマカフェに到着した。

舞台は山の中の女子学園。みんなの憧れのカリスマ女子生徒・アヤ(中条あやみ)にそっくりの女性が写った写真を目にした女子生徒たちが、次々と失踪する事件が発生する。“本物”のアヤは、自分そっくりの幻が起こした事件に驚きつつも事件の謎に立ち向かうが…。

『リング』『らせん』『貞子3D』『アナザー Another』に続く、新たな“ジャパニーズホラー”に、ティーンに絶大な人気を誇る映画初主演の中条さん、そして同じく「Seventeen」モデルの森川葵ら新進若手女優たちが集結している本作。

今回届いた映像は、舞台となっているミッション系女子学園の卒業式で恒例となっている “オフィーリアの歌”を合唱するシーン。



一番の見せ場であるソロパートは、学園のカリスマ的存在の中条さん演じるアヤが担当しているが、“オフィーリアの歌”は本作オリジナルの楽曲。シェイクスピアの「ハムレット」に出てくる“オフィーリアの詩”が基になっており、森鴎外による訳詩の1番に、本作の原作者・大塚英志が2、3番を作詞。作曲は、高倉健主演の映画『あなたへ』などの音楽で知られる林祐介が手がけている。

「かれは死にけりわが姫よ 渠(かれ)はよみじへ立ちにけり」

と、中条さんが歌い上げるソロパートを始め、独特の歌詞とクラシカルなメロディは、美しくも残酷な恐怖を描く本作の世界観にマッチ。本編の中でも特に印象的なシーンとなっており、その歌声はまさしく天使そのもの。

実は意外にも、中条さん自身は人前で歌うことが苦手なのだそう。「カラオケも人生であまり行ったことがないんです。でも、歌わないといけないので、頑張ってみたんですが、乗り越えてみても、やっぱりまだ人前で歌いたいとは思わないですね(笑)」とコメント。だが、なかなかの美声で、まさに癒やしの歌声となっている。

また、アヤと共に歌う女子生徒のキャストたちも、撮影前に合唱の練習を何度も行ったそうで、中条さんは「先生がすごいスパルタで恐かったので、正直、必死でした…」と、撮影時を思い出して苦笑い。しかし、劇中ではその成果が実ったのか、揃って見事なコーラスを披露している。

意味深な歌詞のソロパートを、なぜアヤが担当しているのか? その理由は、今回の動画を最後まで観れば一目瞭然。美少女たちの歌声に癒されながら、その恐怖と謎に酔いしれてみて。

『劇場版 零~ゼロ~』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top