【予告編】能年玲奈も驚愕!? “美”女装男子・菅田将暉降臨! 『海月姫』

映画

『海月姫』第2弾ポスター -(C) 2014映画「海月姫」製作委員会 (C) 東村アキコ/講談社
  • 『海月姫』第2弾ポスター -(C) 2014映画「海月姫」製作委員会 (C) 東村アキコ/講談社
  • 『海月姫』-(C) 2014映画「海月姫」製作委員会 (C) 東村アキコ/講談社
  • 『海月姫』の主題歌を担当する「SEKAI NO OWARI」
  • “女装男子”に挑戦した、菅田将暉/『海月姫』-(C) 2014映画「海月姫」製作委員会 (C) 東村アキコ/講談社
  • “女装男子”に挑戦した、菅田将暉/『海月姫』-(C) 2014映画「海月姫」製作委員会 (C) 東村アキコ/講談社
  • 能年玲奈&菅田将暉&長谷川博己&池脇千鶴&太田莉菜&篠原ともえ&馬場園梓(アジアン)/『海月姫』 -(C) LesPros entertainment.Co.,Ltd.
  • 第2弾キャスト・片瀬那奈&速水もこみち&平泉成&中村倫也&内野謙太/『海月姫』 -(C) LesPros entertainment.Co.,Ltd.
講談社「Kiss」にて連載中の東村アキコによる大人気コミックを、NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」で一躍、国民的人気女優となった能年玲奈・主演で実写化した映画『海月姫』。このたび、菅田将暉の“美しすぎる”女装男子ぶりも大きな注目を集めている本作から、第2弾ポスタービジュアルとともに予告編映像が到着。「SEKAI NO OWARI」による書き下ろし主題歌も初披露されている。

「男を必要としない人生」をモットーとする筋金入りのオタク女子軍団“尼~ず”と、ゆる~い日常を過ごしながらオタク道を極める月海(能年玲奈)の前に現れた、女装美男子・蔵之助(菅田将暉)と童貞エリート・修(長谷川博己)の兄弟。彼らとの出会いによって、その楽しい日々が揺るがされることに…。

今回解禁された予告編映像からも分かるように、月海たちの“聖地”である男子禁制アパート・天水館が奪われる危機が勃発することが明らかに。菅田さん演じる女装美男子・蔵之助も、可愛らしいファッションには似合わないドスの利いた声で地上げ屋にもの申し、天水館を救おうとする。



また、映像では、本作の主題歌を担当する「SEKAI NO OWARI」が本作のために書き下ろした「マーメイドラプソディー」が初お披露目。ボーカル・Fukaseの甘い歌声と歌詞に込めたメッセージが、このオタクすぎるシンデレラ・ストーリーによりパワーを与えている。

そして、そのポップなメロディで彩られる世界観を最大限に表現した新着ポスタービジュアルでは、能年さんがまたもや変顔を披露。“尼~ず”(池脇千鶴、太田莉奈、馬場園梓、篠原ともえ)の面々も、“聖地”を守るためのオタク全開な戦闘態勢がキマっている。また、女装男子じゃない菅田さん、童貞っぽく見えない長谷川さんのイケメンぶりもまぶしく、キャスト陣もスタッフ陣も個性派が集まった本作らしいビジュアルとなっている。

『ひみつのアッコちゃん』『L・DK』など、実写化作品を数多く手がけてきた川村泰祐監督が贈る世界観を、この予告映像で覗いてみて。

『海月姫』は12月27日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top