【ドラマニア】「ドクターX」「ファースト・クラス」…女の戦いはコワイ!? 秋クールに注目!

最新ニュース

沢尻エリカ(吉成ちなみ)/「ファースト・クラス」-(C) フジテレビ
  • 沢尻エリカ(吉成ちなみ)/「ファースト・クラス」-(C) フジテレビ
  • 米倉涼子/ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」3シーズン制作発表記者会見
  • 米倉涼子&遠藤憲一&内田有紀&勝村政信&渡辺いっけい&内藤理沙&庄野崎謙&岸部一徳&北大路欣也/ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」3シーズン制作発表記者会見
  • シシドカフカ(川島ナミ絵)/「ファースト・クラス」-(C) フジテレビ
  • 木村佳乃(廣木リカ)/「ファースト・クラス」-(C) フジテレビ
  • 余貴美子(瀧川蘭子)/「ファースト・クラス」-(C) フジテレビ
  • 夏木マリ(矢野竜子)/「ファースト・クラス」-(C) フジテレビ
  • 武井咲(西之園萌絵役)/ドラマ「すべてがFになる」
2014年もついにラストクールに突入です。あと3か月で今年も終わりだなんて…なんだか早すぎませんか(涙)!?

さて、気になる10月クールのラインナップは、前回に比べ圧倒的に女性主人公の作品が多い予感がしております。中でも、シリーズ最新作を迎えるあの2作品はどちらもハラハラ・ドキドキの展開が待ち受けていそう!? まだ現段階で、どのドラマを観るか悩んでいるという皆さん! 今日は【ドラマニア】おすすめの作品をいくつかピックアップして、ご紹介していきますよ。

■リターンマッチは、“強くてコワイ”女の戦いになりそう!?

人気ドラマの最新シリーズと言えば、米倉涼子さん主演「ドクターX~外科医・大門未知子~」の第3弾が木曜21時に帰ってきました! 2012年放送の第1シーズンでは平均視聴率19.1%を記録。さらに翌年2013年放送の第2シーズンでは、自己記録を上回る平均23.0%という驚異的な数字を叩き出し、大きな話題を集めた本作。

群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い…。専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけを武器に医学界をなぎ倒す“強い女”の背中をとくとお楽しみくださいませ。

また、もうひとつ注目のリターンドラマ「ファースト・クラス」の存在もお忘れなく。今年4月クール土曜深夜にて放送され、なんと10月は水曜10時枠にお引っ越ししての最速カムバックです!

沢尻エリカさんが主演を務めるほか、夏木マリさん、余貴美子さん、木村佳乃さんなど大人度UPの悪女たちが続々登場。倉科カナさん、篠原ともえさん、市川実和子さん、小島聖さん、ともさかりえさんといった多種多様なキャストが彩りを添えています。雑誌業界からファッションブランド業界へと舞台を移し、どんな戦いを魅せてくれるのか…?

■まだまだあります! 恋に仕事に事件に…大忙しの女性主人公ドラマ

そしてその他にも、気になる作品がちらほら。中でも、何故だかイニシャルがタイトルになっている作品が2つも存在するのが面白い特徴です(笑)。武井咲さん、綾野剛さんのW主演となる「すべてがFになる」では、スーパー理系頭脳をもつ“リケジョ”の女子大生と大学の准教授の師弟コンビが、天才的犯罪者から投げかけられた猟奇的な密室殺人に挑みます。その名の通り、「F」という言葉に隠された秘密とはいったい?

榮倉奈々を主演に、窪田正孝&賀来賢人らが出演する「Nのために」の「N」は、ある事件に関わる重要な人物のイニシャルを表しているということですが、それぞれの明かされ方の違いなんかを比較してみるのも面白いかも!?

女性主人公で言えば、深田恭子さん&寺島しのぶさんがタッグを組んだガッツリお仕事系ドラマ「女はそれを許さない」。恋愛系だと、人気コミックス原作の水10「きょうは会社休みます。」や、石原さとみさん&松下奈緒さんの異色姉妹ドラマ「ディアシスター」あたりに期待大ですね。

■男性だって負けてナイ! 注目の原作モノが目白押し

とは言え、もちろん男性主人公の作品もありますよ! 月9では枠史上初となる時代劇「信長協奏曲」に小栗旬さんが主演することが大きな話題を呼んでいますし、あの宮藤官九郎さんのドラマに錦戸亮さん&満島ひかりさんが出演するなんて…「ごめんね!青春」、絶対お腹がよじれそうです(笑)。

また、原作モノですと、丸山隆平さんが「地獄先生ぬ~べ~」をどう演じてくれるのか。そのキャラクターの行方が気になりますし、復活モノなら「MOZU」のSeason2がついに地上波で登場するほか、大人気「相棒」の13シリーズ目もどうぞお忘れなきよう。

見どころがあり過ぎてどこから手を付けたら良いのか分からないという方は是非、本日(10月9日)から始まる「ドクターX」以降の全作品の初回をザッピング! 私と一緒に【ドラマニア】になりませんか?

次回の更新もお楽しみに~。
《text:Yuki Watanabe》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top