ダチョウ倶楽部、20数年ぶりにライオンと共演も「動物はお約束が分からない」と弱腰

最新ニュース

肥後克広&寺門ジモン&上島竜兵/『ヘラクレス』公開直前イベント
  • 肥後克広&寺門ジモン&上島竜兵/『ヘラクレス』公開直前イベント
  • 寺門ジモン/『ヘラクレス』公開直前イベント
  • 『ヘラクレス』公開直前イベント
  • 寺門ジモン/『ヘラクレス』公開直前イベント
  • 寺門ジモン/『ヘラクレス』公開直前イベント
  • 肥後克広&寺門ジモン&上島竜兵/『ヘラクレス』公開直前イベント
  • 『ヘラクレス』公開直前イベント
  • 肥後克広/『ヘラクレス』公開直前イベント
「ダチョウ倶楽部」(肥後克広、寺門ジモン、上島竜兵)が10月21日(火)、映画『ヘラクレス』の公開を記念して、本物のライオンとの“対決”を行なった。

ギリシャ神話の英雄ヘラクレスの戦いを描く本作だが、ポスターにはヘラクレスが棍棒を手に巨大なネメアの獅子に挑む「12の難業」のひとつの様子が描写されており、映画の中でもヘラクレスは戦利品として手に入れたライオンの毛皮を被って戦いに臨んでいる。

会場となった新宿駅東口前の「新宿ステーションスクエア」には、巨大な檻が登場し、中には体長2メートル、体重250キロのオスのライオンが! 古代ギリシャ風のいでたちで現れた肥後さん、ジモンさん、上島さんは本物のライオンを前に「動物はお約束が分からないから…」と弱腰。

今回の企画は「眠れるネメアの獅子を目覚めさせるのは誰?」というタイトル通り、一人ずつライオンの折に入り、ライオンを挑発し、誰が最もライオンを興奮させられるか? と言うものだが、肥後さんは「そういうの武井壮を呼べよ! ウチはやってないよ」とおかんむり。彼らがライオンと“共演”するのは実に20数年ぶりとのことで、この歳になっても屋外イベントでライオンと戦わされることに苦笑していた。

檻の近くに来ると強烈なケモノ臭が鼻を突くが、肥後さんが「お前のカミさんと同じニオイ」と言うと、上島さんは「そうそう、ウチのカミさんも同じニオイで…って、バカヤロー!」とブチ切れ、笑いを誘っていた。

この戦いのために、昨日まで日本に滞在していた本作の主演のドウェイン・ジョンソンからの贈り物として、長い棒の先にメスライオンの写真、毛玉、ライオンのぬいぐるみ、風船などをつけた武器(?)の猫じゃらしが用意されたが、ジモンさんは「あの人、お笑いウルトラクイズ見てたの?」とあきれ顔。防護用に用意された手袋についても肥後さんは「全部、100円ショップで用意してるだろ!」と雑な扱いに怒り心頭だった。

最初に肥後さんがメスライオンの写真の付いた棒を持って檻に入るも、ライオンはほぼ無反応。だが、続いて上島さんが毛玉付きの猫じゃらしを手に入ると、ライオンは先端の毛玉を奪ってガブリ! 最後にジモンさんが風船をライオンの前に差し出すと、鋭い爪を振りかざし、一瞬で風船を割ってしまい、百獣の王の恐ろしさを垣間見せた。

見事、“勝者”となったジモンさんは、ライオンの毛皮を被ったヘラクレス衣裳になって、賞品として受け取った牛肉1キロを手に再び檻の中へ。ライオンに牛肉を与え、同じ肉大好きの“肉食系”として健闘を称え、心を通じ合わせていた。

『ヘラクレス』は10月24日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top