グレース・ケリーが愛した“高級ジュエリー”に注目!「ヴァン クリーフ&アーペル」の輝き

最新ニュース

総額1億円の輝き…「ヴァン クリーフ&アーペル」と檀れい/『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』女性限定試写会にて
  • 総額1億円の輝き…「ヴァン クリーフ&アーペル」と檀れい/『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』女性限定試写会にて
  • 総額1億円の輝き…「ヴァン クリーフ&アーペル」と檀れい/『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』女性限定試写会にて
  • 檀れい&佐伯チズ/『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』女性限定試写会にて
  • 総額1億円の輝き…「ヴァン クリーフ&アーペル」と檀れい/『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』女性限定試写会にて
現在本年度カンヌ国際映画祭オープニング作品として上映された、『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』(公開中)。主演を務めるオスカー女優のニコール・キッドマンが熱演するのは、人気絶頂のなかハリウッドを去りモナコ公妃となったグレース・ケリー。

そんな彼女が愛し、モナコ公室御用達ブランドとして知られ、その他にも世界中の王侯貴族やセレブたちに愛されているフランスのジュエリーメゾンが存在する――その名は「ヴァン クリーフ&アーペル」。今回はそんなセレブたちを魅了する“輝き”に注目!

「ヴァン クリーフ&アーペル」の歴史は古く、1906年にパリのヴァンドーム広場にブティックを開業した。メゾンのコンセプトは「愛・美・夢」。フェミニンで繊細、エレガントなデザインかつ、全ての商品が職人の手作りで制作されているのが特徴だ。ストーンカッティング(宝石のカッティング)技術に長け、1933年に開発された、表から石を支えるつめの部分を見えなくする特殊な技巧「ミステリー・セッティング」は現在でも多くの高級ジュエリーに用いられており、ジュエリー業界に革新をもたらした。

そんなジュエリーを身につけ、世界を相手に闘ったグレース・ケリー。彼女がハリウッド女優を引退し、ヨーロッパの君主であったモナコ大公レーニエ3世との結婚は世界中に衝撃を与えた。それは“世紀の結婚式”と呼ばれ、華々しく絢爛な式となったが、そこから6年経ってもグレースは、モナコ宮殿のしきたりに馴染めなかった。社交の場で女性が政治に意見するのは「アメリカ流」だと皮肉られ、夫のレーニエからも控えめでいることを望まれた。

そんなある日、グレースが彼の名監督ヒッチコックからハリウッド復帰の誘いを受けるが、時を同じくしてレーニエは過去最大の危機に直面する。フランスのド・ゴール大統領が過酷な課税をモナコに強要し、承諾しなければ「モナコをフランス領にする」という声明を発表したのだ。

宮殿生活で見失っていた自分自身を取り戻し、愛する家族を守ると決めたグレースは、彼女にしかできない秘策を考え出した。外交儀礼の特訓を受けて、完璧な公妃という“役”を演じ、ド・ゴール大統領を含む各国の指導者を招いた“舞台”を用意したのだ。その後、彼女がいかな歴史を辿ったかは周知の通り。

そんな気品にあふれながらも、女優時代に培った凛とした強さを失わなかったグレースが愛したという「ヴァン クリーフ&アーペル」。1955年には婚約祝いとして、「ヴァン クリーフ&アーペル」のダイヤモンドとパールの3連ネックレスを始め、ブレスレットやイヤクリップが“マリッジセット”としてグレースに贈られた。その後も、ブローチやアルハンブラのネックレスなどをグレースは公私ともに様々なシーンで愛用し続けた。

「ヴァン クリーフ&アーペル」は先日行われた『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』のイベントでも登場。ゲストとして登壇した、檀れいが髪飾りやネックレスなど計719個のダイヤモンドを使用した総額1億円を超えるジュエリーで会場を魅了していた。

時代を越えても愛され続ける、「ヴァン クリーフ&アーペル」。女性ならば一度は気品ある輝きを、その身にまとってみたいと思うのではないだろうか。

■「ヴァン クリーフ&アーペル」公式サイト
http://www.vancleefarpels.com/jp/ja/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top