杉浦太陽、妻・辻希美と加護亜依は「双子のような関係。2人一緒で魅力が倍増する」とエール

最新ニュース

杉浦太陽/ゲーム版「LEGO ムービー ザ・ゲーム」発売記念トークイベント
  • 杉浦太陽/ゲーム版「LEGO ムービー ザ・ゲーム」発売記念トークイベント
  • 杉浦太陽/ゲーム版「LEGO ムービー ザ・ゲーム」発売記念トークイベント
  • 杉浦太陽/ゲーム版「LEGO ムービー ザ・ゲーム」発売記念トークイベント
  • 杉浦太陽/ゲーム版「LEGO ムービー ザ・ゲーム」発売記念トークイベント
  • 杉浦太陽/ゲーム版「LEGO ムービー ザ・ゲーム」発売記念トークイベント
レゴの世界観を映画化した『LEGO(R) ムービー』のゲーム版「LEGO ムービー ザ・ゲーム」の発売を記念して11月4日(火)、「レゴランド・ディスカバリー・センター東京」にて杉浦太陽がトークイベントを行なった。

子どもから大人まで愛され続けるレゴの世界を映画にし、平凡な青年が世界を救う戦いに身を投じていくさまを描いた『LEGO(R) ムービー』。そのゲーム版として映画の世界そのままに主人公のエミットになりきって、楽しむことが出来る。

1女2男のパパである杉浦さんだがやはり家には「(第一子の)長女のときからレゴがずっとある」とのこと。子どもたちが作ったり、姉が弟に教えてあげたり、杉浦さんが自ら見本を見せたりと楽しみ方もいろいろのようで「子どもは作ってはすぐに壊すんですよ(笑)。壊してはまた創作というのがレゴの楽しみ方」と笑う。

今回のゲームの方も子どもも一緒に楽しんだようで「息子もドハマりでした! やりこみましたよ!」と語る。この日は、実際にゲームを実演したが、映画と同様にレゴで作られたバットマンやスーパーマンといったヒーローたちが出てくるのもこのゲームの特徴。杉浦さんは「バットマンの操作を出来る喜びと言ったら! バットマン、強いんですよ」と子どものように楽しんでいた。

改めて今回のゲームについて杉浦さんは「夢の連鎖のゲーム」と語り「歴史があり、世代を超えて親子をつなげてくれるゲーム。最高です」とアピールした。

イベント後の報道陣との質疑応答では、杉浦家の子育てについて話題が及んだが「『ただいま』の瞬間から子どもが離れない(苦笑)! 3人…いや、4人か? 大きな子どももいるので(笑)」と妻の元「モーニング娘。」辻希美も子ども扱い。「上の子2人はパパっ子で下の子はママっ子。上の子を僕、下の子を妻が寝かしつけます」と語り「家にすぐ帰りたいと思わせてくれる」と幸せそうに語っていた。

数日前のTV番組で、辻さんが、「子どもを泣かしている」との通報を受けた児童相談所が家にやって来たことがあると告白したが、この“事件”について杉浦さんは、第3子が生まれる前の数年前のことと説明。虐待を疑われたそうだが、杉浦さんも辻さんも全く身に覚えのないことで「『お子さんを見せてください』と言われて、子どもたちを呼んで見せましたが、さすがに怒りましたよ、ふざけるなと」とふり返る。子どもたちの様子を見て児童相談所の職員も納得し、謝罪して帰っていったそうだが、杉浦さんは「ブログのアンチの人とか(の通報)じゃないですかね。妻はショックだったみたいです。こんなに平和にやってるのに」と心外そうに語っていた。

辻さんの“仕事上”の相棒である加護亜依が夫が逮捕されたことを受けて芸能界引退を示唆したことが報じられているが、杉浦さんは、辻さんが加護さんとメールで連絡を取り合っていると説明。「数年前に(辻さんの)誕生日で(加護さんに)会って、妻は『あいぼん(=加護さん)以外、パートナーはいないと実感した』、『W(ダブルユー)で復帰するのが夢』とも言ってました。2人が一緒にいるとその魅力が倍増するので、その姿をみなさんに見てほしい。双子のような特別な関係なので、戻って来てほしい!」と妻に代わって熱く激励する。「作ったものを壊して、新しい良いものを作ることが出来るのは人生も同じ」とレゴにちなんでエールを送っていた。

「LEGO ムービー ザ・ゲーム」はPlayStation4/PlayStation3/Wii UTM/ニンテンドー3DSで11月6日(木)より発売。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top