プロポーズも安心! 彼女の指輪のサイズが分からなくても大丈夫な結婚指輪とは?

最新ニュース

銀座ダイヤモンドシライシのプロポーズリング。
  • 銀座ダイヤモンドシライシのプロポーズリング。
  • 銀座ダイヤモンドシライシのスマイルプロポーズリング。リングのサイズが調整できるようになっており、彼女の指輪のサイズが分からなくてもプロポーズできると、男性のひとり客に好評。
恋人たちが一年で最もホットなホリデーシーズンがやってくる。とりわけ、クリスマスには男性から女性へのプロポーズをする人が多く、ちょうど秋口から、プロポーズに欠かせない結婚指輪を求める男性やカップルで、街のブライダルジュエリー店は活況となっている。

男性の中には、結婚指輪はお店に行けばその場ですぐに手に入ると思っている人が少なからずいるようだが、実際にはサイズやイニシャルの刻印などカスタマイズする必要が出てくるため、納品に1か月以上かかるケースもあり、クリスマスにプロポーズしようと思っている人は納期に注意が必要だ。とはいえ、ひとりでお店へ行っても、まだプロポーズもしていない彼女の指輪のサイズが分からないという男性も多い。

昨年開業20周年を迎えた、エンゲージリングやマリッジリングなどブライダルリング全般を専門に扱う銀座ダイヤモンドシライシでは、これまでに33万組ものカップルのブライダルジュエリーの相談にのってきたが、やはり中でも一番多い相談が、男性からの「サプライズプロポーズをしたいけれど指輪のサイズが分からなくて不安」という相談だという。

同店は、そんな男性のために、不安なくプロポーズができるための商品として「スマイルプロポーズリング」を開発。昨年の発売以来、男性ひとりで来店される客に好評を博しているという。

「スマイルプロポーズリング」は、サイズ調整がその場でできるというフリーサイズの結婚指輪だ。男性は、まずエンゲージリング用のダイヤモンドを購入し、購入したダイヤをスマイルプロポーズリング(16,200円税込)に留めて女性にプレゼント。プロポーズが成功したら、彼女と一緒に来店しエンゲージリングのデザインを選び、スマイルプロポーズリングに留めていたダイヤモンドを2人で作ったエンゲージリングに付け替える。これで指輪のサイズ、彼女の好みのデザインが分からなくても安心というわけだ。スマイルプロポーズリングには、代わりにカラーストーンを留めて、記念に贈呈されるので、両リングを記念にとっておけるのも嬉しい。

銀座ダイヤモンドシライシでは、11月1日(土)~12月25日(木)までの期間限定で、「Xmas Wedding Ring Fair」を開催中。期間中に成約し、“愛のメッセージ”を書いて応募したカップルには、3つのフォントから選べるクリスマスオリジナル刻印をプレゼントされる。同店のホームページのフェア特設ページに、お互いのメッセージが掲載される(愛のメッセージを投稿しない場合でも、通常フォントによるレーザー刻印がサービスになる)。

そのほか、成約したカップルの中から抽選で50名にオリジナル刻印を入れたラブレター ジュエリーシリーズ最新作の「ラブレターメッセージチャーム」のプレゼント、また抽選で300名に18石から選べる誕生石をリングの内側に入れてプレゼントされるなど、クリスマス限定の特典を用意している。

今年、プロポーズを考えている男性や結婚を決めようと思っているカップルへ、クリスマスを最高にメモリアルなものにするためのプロポーズ作戦のご参考まで。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top