「ももクロ」主演『幕が上がる』劇中劇シーン公開! 舞台上でメンバー躍動

最新ニュース

「ももいろクローバーZ」主演映画『幕が上がる』-(C) 2015「幕が上がる」製作委員会
  • 「ももいろクローバーZ」主演映画『幕が上がる』-(C) 2015「幕が上がる」製作委員会
  • 「ももいろクローバーZ」主演映画『幕が上がる』-(C) 2015「幕が上がる」製作委員会
  • 「ももいろクローバーZ」主演映画『幕が上がる』-(C) 2015「幕が上がる」製作委員会
  • 「ももいろクローバーZ」主演映画『幕が上がる』-(C) 2015「幕が上がる」製作委員会
  • 「ももいろクローバーZ」主演映画『幕が上がる』-(C) 2015「幕が上がる」製作委員会
  • 「ももいろクローバーZ」主演映画『幕が上がる』-(C) 2015「幕が上がる」製作委員会
  • 「ももいろクローバーZ」主演映画『幕が上がる』-(C) 2015「幕が上がる」製作委員会
  • 「ももいろクローバーZ」主演映画『幕が上がる』-(C) 2015「幕が上がる」製作委員会
「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、有安杏果、佐々木彩夏が主演を務める映画『幕が上がる』。8月下旬から10月上旬にかけて撮影が行われた本作だが、9月下旬に報道陣を入れて撮影が行われた高校演劇の地区大会の模様が解禁となった。

劇作家の平田オリザが高校演劇を題材に手がけた小説を原作に、「踊る大捜査線」シリーズの本広克行がメガホンを握り、『桐島、部活やめるってよ』の喜安浩平が脚本を執筆。弱小の演劇部が、“学生演劇の女王”の異名をとった新任教師をアドバイザーに迎え、全国大会を目指して奮闘する姿を爽快に描き出す。

今回解禁となったのは、全国を目指す富士ヶ丘高校演劇部にとっての最初の関門となる地区大会。撮影は静岡県函南町の文化センターで行われたが、県内の高校を中心に、エキストラとして参加する現役の高校生たちも集められ、週末の2日間にわたり、撮影が行われた。

日曜の午前中の撮影には、「ももクロ」の5人に加え、演劇部の顧問・溝口を演じるムロツヨシ、そして先述の“元・学生演劇の女王”こと新任の吉岡を演じる黒木華も参加。地区大会の成績発表を富士ヶ丘高校のメンバーが固唾をのんで見守るシーンなどが撮影された。

昼食を挟んで午後からは、いよいよ「ももクロ」のメンバーたちが富士ヶ丘高校演劇部として壇上で劇中の劇を演じるシーンの撮影が行われる。この劇中劇は、百田さん演じる部長のさおりが宮沢賢治の名作「銀河鉄道の夜」を翻案して作り上げた作品。この地区大会は富士ヶ丘高校にとって“初陣”ということもあり、部員たちは緊張のあまり、なかなか本来の力を発揮できずに壇上で苦戦する…という設定。幕が上がると学校の授業風景が展開されるのだが、部員同士でぶつかってしまったり、小道具を落としたりと失敗が続出する。

壇上で失敗する姿を自然に見せなくてはいけないという難しいシーンだが、本広監督はシーンごとに細かく指示を与え、丁寧に何度も繰り返す。終わるごとに「あーりん(佐々木さん)、いいよ! いまみたいなの」などと声を掛け、監督を中心に真剣な空気の中に活気が漂っていた。

途中、観客席の通路にレールが組まれ、ゆっくりとカメラを動かしながら撮影が行われたが本広監督は「みんなを映したい」とその意図を説明。丁寧にひとりずつをカメラに捉えたいという監督の強い思いが伝わってくる。長ゼリフのシーンも1発OKが続き、壇上でメンバーたちがガッツポーズする姿も! 緊張感と情熱が詰まった見応えのシーンに仕上がりそうだ。

なお、この2日間を含め、撮影の9割は静岡県内で行われたが、ほかに都内各所や茨城県内などでも撮影された。「ももクロ」の5人を中心にいったい、どのような青春映画が出来上がるのか? 完成が待たれる。

『幕が上がる』は2015年2月28日(土)より公開。なお2015年5月には「ももクロ」主演、本広監督の演出による舞台版「幕が上がる」の上演も行われる予定。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top