劇団四季「アラジン」最終オーディションレポート! “熱い想いを全力で出し切る”

最新ニュース

ミュージカル「アラジン」 James Monroe Iglehart, Adam Jacobsand the original Broadway company of ALADDIN.Photo by Deen van Meer (C)Disney
  • ミュージカル「アラジン」 James Monroe Iglehart, Adam Jacobsand the original Broadway company of ALADDIN.Photo by Deen van Meer (C)Disney
  • 「アラジン」最終オーディション
  • タレント・芋洗坂係長
  • 元力士・大至
2015年の超話題作『アラジン』。劇団四季は今回、広く人材を募集、劇団内外問わず、”我こそは”という俳優を公募している。
ディズニーのミュージカルに出演は俳優にとっては”DREAM”。あのアラジンを、あのジャスミンを、とにかく『アラジン』のキャラクターを演じられれば、それは、もう俳優冥利に尽きるであろう。

1992年公開の劇場版長編アニメーションを基に創作されたミュージカル『アラジン』。砂漠の王国アグラバーに住む貧しくも清い心をもった青年アラジンと、その王国の姫ジャスミンとの恋模様を軸に、ランプの精ジーニーや、王国の支配を企む邪悪な大臣ジャファーら数々の登場人物とのエピソードが織り込まれたストーリー、冒険とロマンス、そして感動がいっぱいだ。
ミュージカルは、このアニメーションのストーリーラインを踏まえ、脚本、楽曲、舞台美術等々のあらゆる分野で、演劇的創造に満ちたダイナミックでゴージャスな工夫を施したものだ。間違いなく、超大作である。

今回はメイン、アンサンブルすべてのキャストを、オープンオーディションとして公募している。約1500通の書類応募があり、書類審査の結果約500名が合格した。
その中からさらに予備審査を通過したメインキャスト候補者約60名が本選に臨む。なお、アンサンブルは約40名が予選審査通過、とのことだ。
この審査のために『アラジン』オリジナルスタッフ4名が来日、スコット・テイラー(演出補)、マイケル・コザリン(音楽監督)、クリフォード・シュワルツ(プロダクションスーパーバイザー)、アン・クォート (アソシエイトプロデューサー)である。世界最高水準のスタッフたちである。

11月17、18日、場所はあざみ野の四季芸術センターにて本選が行われた。審査内容は歌唱と芝居。17日の午前10時からはアラジン役とジーニー役となった。

アラジン役は10名のうち7人がのぞんだ。ベテラン、主役級から新人まで、審査時間は長くて10分弱、短い人で5~6分。この短い時間に自分の実力を発揮しなければならないが、どの俳優も若干、緊張の面持ちだった。なんたって、あの『アラジン』である。役がゲット出来れば、俳優としての評価が高まる。
オーディションにのぞむ格好は、なかなか俳優の意気込みを感じさせる。”アラジン”ぽい格好をする者や、逆に、普通のウエアでのぞむ者も。課題曲は『One Jump Ahead』と『Proud of Your Boy』。中には”速攻”で「GOOD!」と言われ、思わず笑みがこぼれる者もいた。
そして台詞審査、どのアラジン候補もなかなかの実力、審査員はかなり悩むことだろう。

続いてあの個性的なキャラクター、ジーニー役の審査が11時10分過ぎに行われた。歌はかなりのショーストッパー的なナンバー『Friend Like Me』、こちらは8人のうち、7名がのぞんだ。もう側転したり、ジャンプする者、アドリブ的なものを入れる者、こちらはアラジン役の時と違って、審査員は時折、爆笑、記者席からも笑いが起こった。
審査時にしてすでに”ショーマンシップ”を見せつける。ジーニーは、なんたって3枚目、タイトルロールのアラジンより”押しが強い”役かもしれない。もう皆、”ここで笑いを取らなきゃ”的な意気込み、こちらまでその高いテンションが伝染した。ここで、午前の審査が終了した。

その後、ジーニー役に応募したタレントの芋洗坂係長と、同じくタレントで元力士の大至が会見に応じた。ミュージカルの出演歴も豊富な2人、さらに、見た目は2人とも”リアルなジーニー”。最終審査に残ったのもうなずける。その2.5次元ぶり、納得!のルックスである。
芋洗坂係長は「僕としては笑って頂けたので十分かな?太ってりゃいいってもんじゃないな、ということがわかりました。四季に乗り込むには早かったかな?特に歌唱ですね……」と謙遜。実は、あの体型で軽快なダンスと側転を披露、審査員を大爆笑に陥れたショーマンぶりはこちらから観てもかなりのインパクトだった。「四季とディズニーが冒険してくれたらいいんだけど……」と語る。
「他のミュージカルに出演していた時に、このオーディションを知ったんです。知人に”ジーニーがいいんじゃない?”とそそのかされました。(映画の)『アラジン』を観たときからジーニー役に憧れていました。映画観て、(ミュージカルは)YouTube観て……。ヴォーカルの先生に歌唱指導も受けました。(今日の)動きはすごく考えました。ちょっと(音は)外しちゃったかな?70点ぐらいの出来だったと思います」と終始控えめな発言だったが、ヴォーカル指導を受けてのぞむ姿勢は並々ならぬ意気込みを感じさせる。

続いて元力士の大至が会見の場に立った。開口一番「すごい緊張しました。土俵に向かう気持ちで受けました」と元力士ならでは。立ち姿はかなりのインパクトだった。「もう150パーセント、やりたいです!」と語る。そして「ちょっと”和”も入っていたかな?」とコメント。
「知人の勧めで”ジーニー役、受けたら?”と。『アラジン』は大好きな作品です。(ジーニーは)デカくてコミカルですばやい動きもする。どのナンバーも大好きです。YouTubeで、(ミュージカルの)いろんなジーニーを観ました」とこちらもかなり研究した様子。2人に共通するのは、この『アラジン』が大好き!ということ。2人の発言には並々ならぬ作品愛を感じる。

なお、アラジン役は書類応募数115名で本選には10名が進んだ。そしてジーニー役は書類応募数50名で本選に進んだのは8名であった。
同日午後はジャスミン役の8名の歌唱審査とジャスミン役とアラジン役の台詞審査が行われた。課題曲は『A Whole New World』と『These Palace Walls』であった。

劇団四季が『美女と野獣』を手掛けて来年で20年目となる2015年。日本のエンターテイメント業界では国産の2.5次元ミュージカルがますます盛んになりつつあるが、ディズニーミュージカルの隆盛があるからこそ、切磋琢磨してお互いによいものをクリエイトし続けられるのだろう。キャストの発表が待ち遠しい。

ミュージカル『アラジン』
四季劇場[海]
2015年5月24日(日)から
https://www.shiki.jp/applause/aladdin/special/release/

2015年の話題作「アラジン」最終オーディションレポート “熱い想いを全力で出し切る”

《animeanime》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top